スポンサーリンク

2021 ゲインブリッジLPGA選手権

スポンサーリンク

2021年のアメリカLPGAツアーも始まりましたね。
ゲインブリッジLPGA選手権選手権です。
まずは、初戦、見どころはいくつかあります。
畑岡奈紗さんの初日でもあり、アニカ・ソレンスタムの現役復帰戦でもあります。

スポンサーリンク

大会初日

大会初日、首位に立ったのは、リディア・コ選手。
1イーグル6バーディ、1ボギーの65ですからナイスプレーです。

我らが畑岡奈紗さんは、5バーディ、1ボギー1ダブルボギーの70。
途中のダブルボギーは痛いのですが、後半は3バーディーを奪取。
盛り返したので、首位とは5打差の17位なので、まずまずでしょう。

そして注目のアニカ・ソレンスタム選手。
1バーディ、1ボギー1トリプルボギーの75は3オーバーで77位。
トリが痛いなぁ。
それでも、18ホール中、15ホールがパーなので、勝負になっていないことはないです。

今季初戦の畑岡奈紗17位発進 13年ぶり復帰ソレンスタムは77位
◇米国女子◇ゲインブリッジLPGA 初日(25日)◇レイクノナG&CC (フロリダ州)◇6647yd(パー72) フルフィールドで行われる今季初戦はリディア・コー(ニュージーランド)が1イーグル6バーディ、1ボギーの「65」をマークし、7アンダーで単独首位発進を決めた。 ネリー・コルダとナンナ・コルツ・マドセン(デンマ...

初日を終えて、全体の結果はこちらです。

大会2日目

大会2日目は予選カットがあります。
何と言っても、個人的な注目はこれでした。

アニカ・ソレンスタム LPGAツアー参戦
あの、アニカソレンスタムが、選手として、LPGAツアーに戻ってきます。アニカは50歳で、ツアーには13年ぶりの参戦となります。復帰戦は、2月25日開幕の「ゲインブリッジ選手権」となります。

50歳になったアニカ、13年ぶりの復帰でどうなるかですが、

競技委員の“ミス”とがめず 13年ぶり出場で予選通過のソレンスタム
◇米国女子◇ゲインブリッジLPGA 2日目(26日)◇レイクノナG&CC (フロリダ州)◇6647yd(パー72) 13年ぶりにツアー大会に出場した50歳のアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)が通算2オーバーの67位で予選を通過した。自身のルール誤認と競技委員の“ミスリード”による、前日の余計な罰打にもめげず、米女子ツ...

通算2オーバー、67位で予選通過です。

競技委員のミスとは、こういった内容です。
少し長くなりますが、転載します。

初日には思いがけないトラブルもあった。前半の5番ホール、ソレンスタムのティショットは大きく曲がり、コース内の鉄柵の扉の下で止まった。競技委員に「扉を開けて打てるか」と聞いたが受け入れられず、ペナルティを加えてドロップ後に打ち直し、トリプルボギーを記録した。

ところが2019年のルール改正により、「合理的な努力で動かすことができる」門やドア(カギ等がかかっていない状態)などは、「動かせる障害物」として処理できるようになった。つまり、ソレンスタムは扉を開けて打つことができたが、自身が新規則を把握していなかったことに競技委員の誤ったアドバイスが加わり、罰打を付加するハメになった。LPGAはその後の声明で、ショットのために扉を動かせたこと、規則上ペナルディを取り消せないことを明らかにした。

初日にあったトリプルボギーは、こういったいきさつだったのですね。
この辺りに、13年ぶりのツアー復帰というブランクがあります。
しかし、競技委員の責任にしなかったのは、さすがアニカと言えますね。

さて、試合全体はと言えば、

畑岡奈紗伸ばせず27位 ソレンスタムは13年ぶり復帰戦で予選通過
◇米国女子◇ゲインブリッジLPGA 2日目(26日)◇レイクノナG&CC (フロリダ州)◇6647yd(パー72) フルフィールドで行われる今季初戦はリディア・コー(ニュージーランド)が6バーディ、3ボギーの「69」で回り、通算10アンダー単独首位をキープして週末を迎える。 2位から出たネリー・コルダがストローク差を1...

初日首位のリディアが好調。
畑岡さんは、苦労しながらも2日目はパープレー、27位で予選通過です。

2日目全体のスコアはこちら

USLPGAオフィシャルサイト
LPGAのツアー情報ならゴルフポータルサイトALBA.Netにお任せ!国内外開催のゴルフツアー情報を厳選配信中!

大会3日目

大会3日目はさらっといきましょうか。理由もあるので。
まずは、どういった結果になったかと言えば、

畑岡奈紗はスコア落とし49位T 首位にネリー・コルダ、ソレンスタムは最下位
米国女子ツアーの今季第2戦は3日目が終了。今季初戦を迎えた畑岡奈紗はこの日は3バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの「74」と…

ALBA記事の見出しで、全部わかってしまうと言う。(;^_^A

我らが畑岡奈紗さん、3バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの74はトータルイーブンの49位タイです。
そして予選を突破したアニカは、1バーディ・8ボギーの79、トータル9オーバーで最下位です。
2日目まで安定していたアニカですけど、3日目は何かあったのですかね。

3日目を終わっての全体のリーディングはこちら
リディアが伸ばせなかった中、ネリー・コルダが-13で首位です。
ただし優勝争いは上位5選手、わからない感じです。

大会最終日

最終日は結果から書くと、ネリー・コルダが逃げ切って優勝です。

最終日も3つ伸ばしたので、典型的な逃げ切り優勝ですね。
それで、珍しい記録の優勝となりました。それは、

ネリー・コルダが史上2例目の姉妹連勝 畑岡奈紗52位
◇米国女子◇ゲインブリッジLPGA 最終日(28日)◇レイクノナG&CC (フロリダ州)◇6647yd(パー72) 単独首位から出たネリー・コルダがボギーなしの3バーディ「69」で通算16アンダーまで伸ばし、ツアー通算4勝目を挙げた。前半6番までに3バーディを集中させ、その後はパーを並べて逃げ切った。1月の開幕戦を制し...

1月の大会でお姉さんのジェシカが優勝しているので、姉妹で2大会連続優勝です。

前回と言えば、これは遡りますねぇ。2000年のことです。
今回も出場した、アニカ・ソレンスタムとシャーロッタ・ソレンスタム以来とのことです。

そして残念ながら、畑岡奈紗さんはスコアを落としてしまいました。
トータル+2は52位でフィニッシュです。

最終スコアはこちらです。

コメント