【保存版】コジンヨン優勝 2022HSBC女子世界選手権

春の恒例となった、HSBC女子世界選手権が2022年も開催されます。
昨年末の米LPGAのファイナルQスクールを20位で通過した渋野日向子さんにとっては、ツアーメンバーとなっての初戦になります。
出場66選手の限られたフィールドですが、日本からは5選手が参戦します。

渋野日向子がシンガポールで今季初戦 日本勢5人が参戦
◇米国女子◇HSBC女子チャンピオンズ 事前情報◇セントーサGC(シンガポール)◇6749yd(パー72) 米女子ツアーは3週間のオープンウィークを経て、シンガポールで再開する。フィールドは世界ランキング上位20人や昨年優勝者、主催者推薦など66人に限定され、予選落ちはない。 日本勢は5人が参戦。今季から米ツアーメンバ...
AD

2022 HSBC女子世界選手権 大会概要

2022年03月03日~2022年03月06日
HSBC女子チャンピオンズ
シンガポール:セントーサGCタンジョンC(シンガポール)
賞金総額:$1,700,000

AD

2022 HSBC女子世界選手権 放送予定

放送はWOWOW、インターネット中継はGOLFTVです。

WOWOWの放送予定

大会第1日 3/3(木)午後0:30 ※終了時間変更の場合あり
大会第2日 3/4(金)午後0:30 ※終了時間変更の場合あり
大会第3日 3/5(土)午後0:30
大会最終日 3/6(日)午後0:30 ※終了時間変更の場合あり

いずれも、WOWOWライブです。こちら

GOLFTVでのインターネット配信はこちらから。※有料配信

2022 HSBC世界選手権 出場選手とペアリング

出場選手とペアリングはこちら。試合開始後はリーダーボードになります。
日本人選手、初日のペアリングです。※スタートは現地時間。

8:47 古江彩佳、チャーリーハル、モリヤ・ジュタヌガーン
8:59 マティルダ・カストレン、Xiyu Lin、上田桃子
10:04 キム・セヨン、ミンジ・リー、渋野日向子
10:28 コ・ジンヨン、リディア・コ、笹生優花
10:40 畑岡奈紗、ダニエル・カン、レオナ・マグワイア

2022 HSBC女子世界選手権 大会初日

大会初日は絶好のコンディションで、選手の力量と調子が試される展開となりました。
初日を終わっての上位陣。全体がこちら

首位は、タバタナキッドで-5ですが、混戦模様。
日本勢、初日の順位は以下の通りとなっています。

29位タイ 笹生優花 -1
29位タイ 上田桃子 -1
37位タイ 畑岡奈紗 EVEN
37位タイ 古江彩佳 EVEN
60位 渋野日向子 +4

渋野日向子さんの出遅れが気になりますが、他の日本勢は、まだまだこれから。
2日目以降も上位進出を狙える位置です。

2022 HSBC女子世界選手権 大会2日目

大会2日目も穏やかで、初日と差がないコンディションとなりました。
2日目の上位陣。全体がこちら

首位は、コジンヨン。さすが世界のトップランカー。
上位陣は、1日あたり4つ、5つスコアを伸ばしています。
2日目のベストスコアは、イエリミ・ノーの64で、これはさすがです。

気になる日本勢の結果は、

安定の古江彩佳さんが、この日、2つ伸ばして、26位タイが最上位。
首位とは6打差なので、まだ上位進出の可能性があります。

また、ダイキンオーキッドレディスを欠場し、この大会に挑んでいる上田桃子さん。
この日は1つ伸ばしたのですが、ホールインワンをしました。

上田桃子がホールインワン達成 渋野日向子は49位
◇米国女子◇HSBC女子チャンピオンズ 2日目(4日)◇セントーサGC(シンガポール)◇6749yd(パー72) 世界ランキング1位、昨シーズンの年間女王のコ・ジンヨンが5位から「67」をマークして、エイミー・ヤン(ともに韓国)と並び8アンダーの首位に浮上した。1打差の3位にブルック・ヘンダーソン(カナダ)らが続いた。...

そして、初日は出遅れた渋野日向子さん。
2日目は2つスコアを伸ばして、順位を上げています。

渋野日向子はバウンスバック締め 今季2ラウンド目でアンダーパー
◇米国女子◇HSBC女子チャンピオンズ 2日目(4日)◇セントーサGC(シンガポール)◇6749yd(パー72) 4オーバー60位の渋野日向子は3バーディ、1ボギーの「70」で回り、通算2オーバーの49位に順位を上げた。中継局のWOWOWのインタビューで「きのうの悪かったところを修正できたわけではないが、パッティングも...

粘りのゴルフをした印象ですが、さらなる上昇気流に乗りたいところです。

2022 HSBC女子世界選手権 大会3日目

3日目のムービングデーともなると、LPGAツアーは迫力が違います。
優勝を争う上位陣。全体がこちら

チョン・インジさんが首位に立ちました。

チョン・インジが首位 畑岡奈紗10位浮上 渋野日向子は50位に後退
◇米国女子◇HSBC女子チャンピオンズ 3日目(5日)◇セントーサGC(シンガポール)◇6749yd(パー72) メジャー2勝のチョン・インジ(韓国)が2打差の6位から出てボギーなしの6バーディ「66」でプレー、通算12アンダーと伸ばして単独首位に浮上した。2018年「ハナバンク選手権」以来のツアー4勝目へ前進した。 ...

上位陣のリーダーボードでわかる通り、畑岡奈紗さんが10位タイに浮上。
3日目を67で仕上げてくるところなど、さすがです。

畑岡さんを含む日本勢の結果。

しぶこさんは、ちょっと今週は日替わりになってますねぇ。

「悔しい一日。日替わりだな」渋野日向子は50位から巻き返しへ
◇米国女子◇HSBC女子チャンピオンズ 3日目(5日)◇セントーサGC(シンガポール)◇6749yd(パー72) 2オーバー49位からスタートした渋野日向子は、2バーディ、3ボギーの「73」と伸ばせず通算3オーバー50位で3日目を終えた。 この日もインからのスタートとなった渋野は、出だしの10番でボギーを先行させたが、...

悔しさが伝わるコメントは、

新たな発見はないといい、「失ったものしかない」とも。2022年の自身初戦。「あっという間の最終日なんで、とりあえず最初から攻めていけたら」と気合を入れ直し、「自分の思っているマネジメントをできるように頑張りたいです」と話して、パッティング練習場へと向かった。

良いイメージを持って、次戦に進めるように期待です。

2022 HSBC女子世界選手権 大会最終日

世界のトップランカーが顔をそろえた大会。
やはり、それにふさわしいバーディー合戦となりました。優勝はコジンヨン選手。

コ・ジンヨンが13勝目 畑岡11位 米メンバー初戦の渋野は47位
◇米国女子◇HSBC女子チャンピオンズ 最終日(6日)◇セントーサGC(シンガポール)◇6749yd(パー72) 世界ランキング上位者、ツアー優勝者ら65人が出場、予選カットなしの4日間大会は世界1位のコ・ジンヨン(韓国)が制し、2021年「CMEグループ ツアー選手権」以来のツアー通算13勝目を挙げた。1打差の2位か...

途中、畑岡奈紗さんが連続バーディーを奪取し、首位をうかがう場面もありました。
しかし、コジンヨン選手、強かったです。

最終の上位陣。全体がこちら

日本勢は、畑岡奈紗さんの11位が最上位でした。

しぶこさん、最終日は68と伸ばしました。
出場する次週へつなげて欲しいラウンドです。

コメント