【まとめ版】サイペイイン優勝 2022明治安田生命レディス

昨シーズンから、大会名が、「明治安田生命レディス」に変わったこの試合。
長らくの習慣で、PRGRレディスの方が、まだ、馴染みが深いです。
年間で、おそらく最も強風が吹く、土佐カントリークラブを制するのは?
ディフェンディングチャンピオンは、稲見萌寧さんです。

逃げ切った稲見萌寧 明治安田生命レディス
2日目を終え、独走状態で迎えた最終日。稲見萌寧さんがスコアを崩したため、終盤は大混戦となりました。一時は-6で4人が並ぶという展開になりましたが、最終的には稲見萌寧、永井花奈2選手によるプレーオフ。勝った稲見さんはツアー3勝目です。
AD

2022 明治安田生命レディス大会概要

大会名称:明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメント
開催コース:土佐カントリークラブ (6,228 Yards/Par 72)
開催期間:3月11日~3月13日
賞金総額:8,000万円
優勝賞金:1,440万円
出場人数:108人(予定)
決勝進出順位:2R終了時 50位タイまで (予定)
主催:横浜ゴム株式会社
特別協賛:明治安田生命保険相互会社
大会URL:こちらです。
※1日あたり、上限を1,500人としての有観客開催です。

AD

2022 明治安田生命レディス放送予定

この大会も、地上波、BS、CSによる放送と、インターネット中継があります。
放送は週末のみとなりますね。

テレビによる放送予定

【地上波】
■テレビ東京系列6局ネット(予定)
3月12日(土) 16:00〜17:15(録画)
3月13日(日) 16:00〜17:15(録画)

【BS 放送】
■BSテレ東(予定)
3月12日(土) 16:00〜17:15(録画)
3月13日(日) 16:00〜17:15(録画)

【CS放送】
■ゴルフネットワーク
『とことん1番ホール生中継』
3月12日(土) 7:15〜10:30(LIVE)
3月13日(日) 8:15〜10:15(LIVE)

インターネット中継

インターネット中継は、GOLFTVとDAZNでライブ中継されます。

3月11日(金) 10:45~16:20(LIVE)
3月12日(土) 10:00~15:35(LIVE)
3月13日(日) 10:00~14:20(LIVE)

※GOLFTVがこちら、DAZNがこちらです。

2022 明治安田生命レディス出場選手とペアリング

初日のペアリングがこちら。大方の注目組はここでしょうか?
勝みなみさんは、ホステスプロでもあります。

それ以外の注目選手では、やはり、所属契約を結んでいる選手でしょうか?
勝みなみさんに加え、今季から鶴岡果恋、小倉彩愛の3選手が所属契約を結んでいます。

2組 08:10 若林舞衣子、堀琴音、小倉彩愛
3組 08:20 穴井詩、大西葵、鶴岡果恋

鶴岡果恋、小倉彩愛の両選手は、第1回リランキングまでの出場権を確保しています。
フルシーズンを戦いたいところなので、序盤の頑張りに期待ですね。

3年ぶりの有観客 西郷真央の2週連続Vなるか 初日は原英莉花、吉田優利と同組
◇国内女子◇明治安田生命レディス ヨコハマタイヤ事前情報◇土佐CC(高知)◇6228yd(パー72) 国内女子ツアー2022年第2戦の舞台は四国・高知県。太平洋を眼下に望み、自然の地形を巧みに利用した土佐CCで開催される。20年大会はコロナ禍で中止となり、前年21年大会は無観客で行われた。今年は各日1500人を上限とし...

また、出場選手を見ると、出場権を持っている、三ヶ島かな、李知姫、申ジエの3選手が欠場です。
そのため、39位の佐久間綾女さんまでがQT順位による出場です。
昨シーズン、ステップ賞金ランキング1位のリハナさんと、2位の小野祐夢さん、まずは予選通過を目指したいです。

そして、主催者推薦の選手が、なかなかのメンバーです。
話題の岩井明愛、千怜の岩井ツインズ。そして、94期生トップ合格の尾関彩美悠さん。
今季は、推薦をつなぎながらリランキングをクリアしたい、宮田成華、永井花奈、辻梨恵、田中瑞希といった顔ぶれがあります。
アマチュアでは、稲垣那奈子さんに注目でしょうか?
昨年のアジアパシフィック女子アマでは、6位に入っています。

2022 明治安田生命レディス大会初日

強風がセットになっている、土佐カントリー。
それが、風は終日弱いままでした。
そうなってくると、距離は短いコースです。
コントロールが決まれば、アンダーパーを出してくる展開になります。

初日のベストスコアは、65まで伸びました。
出したのは、7バーディー、ノーボギーと見事なプレーで西木裕紀子さん。
ステップとレギュラーの中間くらいの位置づけの西木さん。
この日は出だしから絶好調で、会心のプレーだったと思います。

鮮やかな単独首位 西木裕紀子-大人の嗜みで勝負|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

しかし、この大会には珍しく、上位はアンダーパーが並びます。
2日目以降も、お天気、特に風次第でいくらでも変わりそうな展開です。

上位陣、全体がこちら

(天候:曇り時々晴れ 気温:16.3℃ 風速:2.4m/s)
《グリーン=スティンプ:11 1/4フィート コンパクション:24.5mm》

2022 明治安田生命レディス大会2日目

大会2日目も、何と風は吹きませんでした。
となると上位は伸ばし合いになります。

初日の結果を見て、あるプレイヤーに注目していました。
それは、永井花奈さん。
飛距離は出ないタイプですが、コントロールに長ける。
そして、昨年は、稲見さんに敗れたものの、プレーオフまでいっています。

そんな中でしたが、ツアー初優勝を狙う、植竹希望さんが首位に立ちました。

2日間とも67を並べての、-10は、非常に良い集中を見せています。

3度目の最終日、最終組 植竹希望はリズムで勝負|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

思えば、植竹希望さんは、この大会、初出場なんですね。
昨シーズンまでの主戦場はステップアップツアーでした。
女子ゴルフファンの間では有名な、躍動感あふれるスイングは絶好調です。

そして、好調と言えば、開幕戦を勝った、西郷真央さんが伸ばしました。
どのコースでもスコアを出してくる、西郷真央さんを優勝争いからは外せませんね。

開幕戦に続いて-西郷真央が来た|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

上位陣。全体がこちら

首位が-10まで伸ばしていて、最終日も風は吹かない予報が出ています。
そうなると、優勝スコアは上がってくると思います。
植竹希望さんが、どのようなプレーを最終日にするのかは、少し未知数。
しかし、西郷真央さんが、落とす展開は予想しにくいです。

そうなると、最低でも-12といった優勝ラインが見えます。
逆に言えば、-7までの4選手による優勝争いでしょうか?
ビッグスコアが出たとしても、-6が5位タイ。ここまでで10人。

最終日も、硬くてしまったグリーンをどれだけ攻略できるか楽しみです。

(天候:晴れ 気温:18.2℃ 風速:2.9m/s)
《グリーン=スティンプ:11 1/4フィート コンパクション:24.5mm》

予選カットと注目選手

そして、予選カットラインは、何と-1になりました。
おおよそ、この試合らしくないスコアですが、49位タイの53選手が最終日に挑みます。

アマチュア勢は全員が予選落ち。
注目されるルーキーでは、最上位が岩井千怜さんの-5、11位タイです。
同じくデビュー戦の尾関彩美悠さんは、予選落ちとなりました。

また、注目していた昨シーズンのステップアップツアー上位2選手。
26T リハナ-3、41T 小野祐夢-2とまずは予選通過。
少しでも上位を狙いたいですね。

そして、ホステスプロ3選手は、上位順に、
17T 鶴岡果恋-4、49T 勝みなみ -1、54T 小倉彩愛 EVEN
勝ちゃんは、途中大たたきがあったのですが、何とか予選通過。
鶴岡さんは、もう少し伸ばせた可能性のある2日目でしたが、順当に予選通過。
小倉さんは1打足りずでしたが、十分に戦えるプレーだと思います。

2022 明治安田生命レディス大会最終日

ほぼ無風といったコンディションの中、最終組を中心に息詰まる優勝争い。
しかし、終盤、サンデーバックナインにドラマがありましたねぇ。

13番、14番とバーディーを獲り、優勝争いに加わったサイペイインさん。
15番のパー5では2オンに成功し、イーグル逃しの楽々バーディー。
ここで首位に並ぶと、17番でもバーディー。通算-13のクラブハウスリーダーでホールアウト。
そして、結果として、最終組もここに並ぶことができず、ツアー初優勝となりました。

12年目でつかんだ初V サイペイイン大逆転|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

来日、12年目。ステップアップツアーとレギュラーツアーを行き来しながらの初優勝。
日本語はもちろん達者で、確か、師匠筋で、滋賀県在住だと思います。

指導を受ける島袋美幸、キャディーとして帯同する河野清子からは、以前から、「ボギーを叩いた原因を追究して、その日のうちに解消しなさい」と、繰り返しいわれたそうだ。まさに金言。

最終の上位陣。全体がこちら

終盤は石井理緒さんの追い上げも迫力がありました。
しかし、個人的には最終組のプレーが、緩むことなく見事だったと思います。
あるあるなのですが、最終日最終組だと、1人が早々に脱落する場合が多い。
今回は最終ホールまで緊張感のあるプレー。
結果として1打は足りなかったのですが、最終組3人とも-12は2位タイでした。

優勝の本命と思っていた西郷真央さん。
私が想定していたスコア、-12までは伸ばせましたが、優勝には届かず。

1差2位 西郷『前の組の勢いは止められない』|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

また、植竹希望さんのスイングも、また、注目度が増したんじゃないかと思います。

ピックアップー植竹希望、大山志保|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

――終わってみれば1打差。
「最後のパッティングが入っての1打差はなんともいえない。今、ショットは絶不調。それでも、この順位にいる。悔しいですが、泣くほど悔しいというわけではありません。前向きな気持ちでいます。また次週からがんばりたい」

――前半からいいプレーを続けていた。
「パーオンはできていましたが、ロングパットばかりでした。バーディー合戦でショットが荒れてしまうとつらいですね。前半から伸ばしていかないとチャンスはありませんでしたね。ただ、後半はスコアを伸ばすことができた。そこは次につながる」

今季はシード選手として、良い戦いをこれからも見せてくれそうです。

さて、個人的に注目していた、スッテプアップからの昇格組です。

12T リハナ -7 ¥1,176,000
21T 小野祐夢 -5 ¥680,000

しっかりと、賞金とポイントを稼いでくれました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hana Lee リハナ(@allbyhana)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

小野祐夢(@hiromu4370)がシェアした投稿

ルーキー勢では、32位タイが最上位。岩井千怜さんと内田ことこさんでした。

(天候:曇り 気温:18.4℃ 風速:3.8m/s)
《グリーン=スティンプ:11 1/2フィート コンパクション:25mm》

コメント