スポンサーリンク

渋野日向子の全米女子オープン2020

スポンサーリンク

2019年の全英女子オープン優勝者として、全米女子オープンに参戦した渋野日向子さん。
2020年は必ずしも好調とは言えないシーズン。
そして、全米女子オープンは、初参戦でした。
その、4日間の戦いぶりを振り返ります。

スポンサーリンク

大会概要

主催:USGA(全米ゴルフ協会)
開催日:2020年12月10日~13日
開催コース:チャンピオンズGC
ホストコース:サイプレスクリークコース(6731ヤード・パー71)
サブコース:ジャックラビットコース(6558ヤード・パー71)
参加選手数:156名

例年は夏に開催される全米女子オープンですが、コロナ禍により12月開催となりました。
また、156名のフルフィールドを達成するため、史上初、予選ラウンドは2コースを使います。

出場日本人選手

各地での予選会が行われなかった2020年。
そのため、ロレックスランキング等を参考に出場資格が与えられました。
その結果、日本人選手は、史上最多の19名が出場となりました。

畑岡奈紗に渋野日向子ら日本勢19人出場! あらためて顔ぶれとスタート時間をおさらい
いよいよ今年最後の海外女子メジャー「全米女子オープン」が未明に開幕する。6月開催予定だった本大会だが、コロナの影響で12月に…

初日のスタート時間、コースとともに選手名を列記しておきます。

■日本時間0時31分(現地9時31分)
稲見萌寧(初出場、ジャックラビットC:10番)
西村優菜(初出場、ジャックラビットC:10番)
■日本時間0時53分(現地9時53分)
勝みなみ(2年連続2回目、サイプレスクリークC:1番)
上田桃子(7年ぶり7回目、ジャックラビットC:1番)
■日本時間1時04分(現地10時04分)
三ヶ島かな(初出場、サイプレスクリークC:10番)
小祝さくら(初出場、ジャックラビットC:10番)
■日本時間1時15分(現地10時15分)
岡山絵里(2年連続2回目、ジャックラビットC:10番)
柏原明日架(初出場、ジャックラビットC:10番)
■日本時間1時26分(現地10時26分)
比嘉真美子(2年連続2回目、サイプレスクリークC:1番)
古江彩佳(初出場、サイプレスクリークC:1番)
畑岡奈紗(3年連続3回目、ジャックラビットC:10番)
■日本時間1時37分(現地10時37分)
渋野日向子(初出場、サイプレスクリークC:10番)
■日本時間2時10分(現地11時10分)
穴井詩(5年ぶり3回目、サイプレスクリークC:10番)
■日本時間2時21分(現地11時21分)
高橋彩華(初出場、ジャックラビットC:1番)
河本結(初出場、ジャックラビットC:10番)
■日本時間2時32分(現地11時32分)
笹生優花(初出場、サイプレスクリークC:1番)
渡邉彩香(3年ぶり3回目、サイプレスクリークC:10番)
淺井咲希(初出場、ジャックラビットC:10番)
原英莉花(初出場、ジャックラビットC:10番)

同時期に開催される大会はなかったため、選手たちは、かなり前から会場入り。
精力的に練習ラウンドをこなしました。

12月移行で異例2コース開催 渋野日向子も60ホール超の練習ラウンドに
◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 事前(8日)◇チャンピオンズGC (テキサス州)◇サイプレスクリークコース 6731yd(パー71)、ジャックラビットコース 6552yd(パー71) コロナ禍で初の冬場開催となった2020年のメジャー最終戦。156人のフルフィールドにこだわった全米ゴルフ協会(USGA)だが、短い...

大会初日

12月としては珍しいくらいの暖かさ。
シガンダ選手などは、半袖でプレーするほどでした。
そして、迎えた初日の上位陣。全体がこちら

嬉しい驚きですが、渋野日向子さんは、首位と1打差2位の好発進です。
スイング改造やLPGAツアーにスポットながら初参戦した2020年。
必ずしも満足のいく結果ではない年でしたが、この大一番で結果を出してきました。

「もうちょい左」に微修正 渋野日向子の振り切れた初日
◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 初日(10日)◇チャンピオンズGC (テキサス州)◇サイプレスクリークコース 6731yd(パー71)、ジャックラビットコース 6552yd(パー71) Hinako Shibuno――。スタートアナウンス直後の第1打は右のフェアウェイバンカーにつかまった。「緊張はなかったけど、右...

「良いスタート過ぎるので、なかったことにして」と冗談めかし、雷雲予報のため予定より1時間20分早い午前9時17分からジャックラビットを回る2日目に向け「貯金が3つできたと思いながらやる。あすはショットがどこかに行くかも知れないですし(笑)悪天候なので耐えて、耐えまくるしかないですね」。

しぶこさんのコメントにあるように、2日目以降は悪天候の予報が出ていました。

大会2日目

初日に好スタートを決めた、しぶこさんに注目が集まります。
さすがにメジャーセッティングなので、全体のスコアは伸びません。
そんな中、2日目を終えての上位陣。全体がこちら

初日の2位発進に驚いたのが甘かった?
何と、2位に3打差をつけての単独首位です。
大会前には、「健闘を願う」レベルでしたが、俄然、優勝争いの軸になりました。
しかし、しぶこさんは、冷静に自分の調子を見ています。

単独首位の渋野日向子「写真に撮りたい順位。120点!」/2日目一問一答
◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 2日目(11日)◇チャンピオンズGC (テキサス州)◇サイプレスクリークコース 6731yd(パー71)、ジャックラビットコース 6552yd(パー71) 首位と1打差の2位から出た渋野日向子はジャックラビットコースで6バーディ、2ボギーの「67」をマークし、通算7アンダー。後続に...

写真に撮りたいというのは、「しぶこ節」できっと撮ったでしょう。(笑)
しかし、プレー自体は、ショットが良く、ことごとくパーオン。
それに加え、パッティングのタッチが、全選手で最も合っている。
ですから、当然、この位置というのは、納得できるものでした。
しかし、試練はこのあとにやってきます。

2日目は、雷雲接近予報のため、スタート時間が80分繰り上がっていました。
予報通り、2日目のホールアウト後、コースにはかなりの雨が降りました。

大会3日目

3日目は、まず、コースコンディションに触れなければなりません。
前日の雨で、コース内は、かなりの部分がウェットでした。
ラフはもちろんのこと、フェアウェイであっても、ボールには頻繁に泥が付く。
通常の試合であれば、プリファードライが適用され、選手はボールを拭くことが許されるレベルです。
しかし、USGAは、過去の主催大会で、1度もプリファードライを採用していません。
「ゴルフはあるがまま」という原則を忠実に守った考え方です。

しかし、この措置により、選手たちのショットに躊躇と予期せぬ狂いも生じました。
本来であれば予選を通過した、レベルの高い選手たちですが、スコアは上がりませんでした。

3日目を終わっての上位陣。全体がこちら

渋野日向子さんは、スコアを2つ落としてしまいました。
しかし、フィールド全体のスコアも伸びなかった。
ですから、首位をキープ。でも、苦しいラウンドでした。

渋野日向子メジャー2勝目へ「いち日長い(笑)。よく粘った」/3日目一問一答
◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 3日目(12日)◇チャンピオンズGCサイプレスクリークコース (テキサス州)◇6731yd(パー71) 渋野日向子は通算4アンダーで後続に1打差の単独首位に踏みとどまった。アンダーパーで回ったのが2人だけというシビアなコンディション、トップを走る緊張とも闘いながら、1バーディ、4ボ...

本人も言う通り、良く粘った。
特にパーオンは落ちたものの、アプローチとクラッチパットを決め、凌いだラウンドでした。
最終日も悪天候の予報が出ており、厳しい戦いが予想されました。

大会4日目

本来ならば、最終日なのですが、見出し通り4日目です。
というのも、早い組はスタートできたのですが、結局、

全米女子OPは雷雨で月曜決着へ 渋野日向子はスタートできず「少し予想していた」
◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 4日目(13日)◇チャンピオンズGCサイプレスクリークコース(テキサス州)◇6731yd(パー71) 「全米女子オープン」最終ラウンドは雷雨のため、午前9時10分(日本時間14日午前0時10分)に中断し、回復の見込みが立たないとして14日(月)への持ち越しが決まった。1打差の単独首...

雷雨のため、サスペンディッド。
しぶこさんの最終組はスタートできず、決戦は月曜日に持ち越しとなりました。
放送局も、急きょ特別編成で、放送を決めました。

テレビ地上波、BS、CSで緊急生放送 渋野日向子トップの順延最終日
◇海外女子メジャー◇全米女子オープン◇チャンピオンズGCサイプレスクリークコース(テキサス州)◇6731yd(パー71) 最終ラウンドの月曜順延で日本の中継テレビ局も対応に追われた。単独首位に立つ渋野日向子のメジャー2勝目という快挙に向け、地上波中継のテレビ東京、BSのWOWOW、CSのゴルフネットワークは急きょ14日...

大会最終日

悪天候によるサスペンディッドの影響で、最終日は月曜日となりました。
既にスタートしていた組は、前日の位置から再開です。
最終組は、ティーオフ前だったので、1番のティーショットからのスタートです。

特筆すべきは、最終日の寒さ。
気温は10度に届かず、景色だけ見ていると、全英女子オープンのようです。
選手はダウンやミトンを身に着け、難関コースに挑みます。
また、前日の大雨にも関わらず、プリファードライは採用されず。
本来であれば、フェアウェイにある球は有利なはずですが、必ずしもフェアではなくなりました。

泥付きボールは「あるがまま」? 全米女子の“保守主義”に選手から疑問
◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 4日目(13日)◇チャンピオンズGCサイプレスクリークコース(テキサス州)◇6731yd(パー71) ぬかるんだコースでのプレーを求められた前日の第3ラウンド。単独トップの渋野日向子を1打差で追うエイミー・オルソンは報道陣の問いに苦笑いを浮かべた。「泥のついたボールは何個ありました...

USGAが守り抜いてきた伝統と考えもあるでしょう。
しかし、現代のゴルフでは、フェアウェイはフェアであるべきなのです。
歴史はいつか変わります。まさに今回が、その時だったと感じます。

さて、首位スタートの渋野日向子さんですが、2位とは1打差。
メジャーであること、そのコンディションも相まって、リードは無きに等しいです。
最終日は、最も困難なラウンドになりました。その戦いは、

涙の惜敗 渋野日向子が偉業に迫った18ホールを振り返る
◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 最終日(14日)◇チャンピオンズGCサイプレスクリークコース(テキサス州)◇6731yd(パー71) 渋野日向子は日本人初となるメジャー2勝目、「全米女子オープン」制覇に惜しくも届かなかった。1打差の単独首位から出て2バーディ、5ボギーの「74」で通算1アンダー4位。ホールアウト後...

1番ホールからピンチで何とかしのいだものの、2番でボギー先行。
バーディーを獲りたい5番のパー5は、3打目がトップし、キャリーでグリーンオーバー。
そこから、超絶のアプローチとパッティングで、何とかパーセーブ。
しかし、このあたりで、かなりの精神力を使ってしまったと思います。
バーディーチャンスも無く、苦しいのひと言でのプレーとなりました。

後半の難しい10番もボギー先行。
バックナインで伸ばしていくのが彼女のスタイルですが、そうするにはコースが難し過ぎた。
コンディションの難しさも相まって、苦難のプレーが続きます。

しかし、しぶこさんは最後の力を振り絞り、ギアを上げての13番。
この日最初のバーディーを取り、逆転されていた首位に1打差まで迫ります。
その後、14番から16番まで、ほぼ気迫だけで、相当のプレーを見せてくれました。
しかし、これも難関17番でボギー。ここで優勝の目はなくなりました。
18番こそ、ロングパットを決め、意地のバーディー。
最終的には4位と言う結果で、初の全米女子オープンを終えました。

渋野日向子はメジャー2勝目ならず4位 初出場キム・アリムが5打差逆転V
◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 最終日(14日)◇チャンピオンズGCサイプレスクリークコース(テキサス州)◇6731yd(パー71) 1打差の単独首位から出た渋野日向子は2バーディ、5ボギーの「74」で回り、通算1アンダー4位でフィニッシュ。日本人初となるメジャー2勝目と「全米女子オープン」制覇はならなかった。 ...

結果を見れば、それは悔しいでしょう。
しかし、現時点の彼女の力は出し切ったと思います。
彼女のプレーぶりには、優勝には届かなかったものの感動させてもらいましたから。

「悔しいけど悔いはない」渋野日向子は涙こらえる/最終日一問一答
◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 最終日(14日)◇チャンピオンズGCサイプレスクリークコース(テキサス州)◇6731yd(パー71) メジャー2勝目を逃したものの、最終18番をバーディで締め、最後の最後に本来の笑顔を取り戻した渋野日向子。ホールアウト後、涙をこらえながら「悔しいけど悔いはない」と語った。現地での一...

これからの渋野日向子への期待

2019年、シンデレラストーリーを紡いできた、渋野日向子さん。
その勢いは、想像をはるかに超えるもので、今回も?と期待させてくれました。
しかし、プロゴルファー、渋野日向子は、まだまだ進化の途中です。

復調でも原点回帰でもない 渋野日向子は進化の真っただ中
◇海外女子メジャー◇全米女子オープン◇チャンピオンズGC (テキサス州)◇サイプレスクリークコース 6731yd(パー71)、ジャックラビットコース 6552yd(パー71) 笑顔で駄菓子を頬張りながら、ピンを狙い続けるスタイルで伸ばし合いを制した昨夏の「全英女子オープン」。コース攻略への意識を高めることで4位に入った...

これからも、彼女を見守り、進歩を応援していきたいと思います。

関連記事

【2021】渋野日向子 クラブセッティング
2019年、20歳のツアールーキーが、初の海外試合、それもメジャー全英女子オープンで初優勝。今やピンの顔ともなった渋野日向子さんのクラブセッティングを、日を追って順に見ていきます。最新は2021年、ダイキンオーキッドレディスでのクラブセッティングです。

コメント