安田祐香のいま 加賀電子カップ直前

2020年、シーズン開幕前に台風の目となる予感をさせたミレニアム世代。
確かに活躍があり、古江彩佳さんが3勝、西村優菜さんが1勝を挙げました。
一方で、プラチナ世代のエースとして活躍が期待された安田祐香さん。
これは、本人にとっても、不本意と言ってよい年だったのかと思います。

その安田祐香さんについての解説記事がありました。
大江香織さんによる解説で、採点方式となっています。

ケガで戦線離脱も…完成度の高さは随所に見せた【ルーキーたちの中間通信簿・安田祐香】
新型コロナウイルス感染拡大の影響により開幕戦から中止が相次ぎ、20-21年の統合シーズンとなった国内女子ツアー。イレギュラーなス…
スポンサーリンク

安田祐香の2020年

記事にもありますが、正直なところ、周囲の期待が大きかった。
アマチュア優勝にも、あと一歩という試合もありましたから。
それでもシーズン序盤は、順当に予選を通過し、力の片りんは見せてくれました

一方で、9月に入ったとき、頸椎捻挫による戦線離脱。
こちらの方が、ファンにとっても痛かったです。
それでも、スイングの完成度やゴルフIQの高さ、メンタルの強さは、トッププロ並みです。

安田祐香の強化ポイント

強化のポイントと言えば、年間を通して戦える体づくりと言っても良いかと思います。<

1年間戦える体作りへ「たくさんご飯食べたい」 安田祐香、冬の課題は“体力アップ”
明日10日から2日間にわたり行われる大会を前に、安田祐香が「今年最後の試合なのでいい成績で終わりたい。ゴルフの調子は考えずに…

テレビ越しに見て、あの細さなので、さすがに厳しいか。

オフの課題として掲げたのも「スイングスピードのアップ」というゴルフ面のほか、「たくさんご飯を食べてケガをしない体作りをしていきたい」という部分。食事に関しては一度に多く、ではなく「何回かに分け」、1日3食以上摂ることを心がける。そのうえでランニングなど基礎的なトレーニングを重ね、1年間戦える体を作り上げるつもりだ。

いずれにしても、今後の期待選手であることは、間違いありません。
先ず、狙うは新人戦、加賀電子カップの優勝です。

初日のペアリングです。こちら。恒例、プロテスト合格順位順です。

 

コメント