優勝 原英莉花 2020日本女子オープン

コロナ禍の影響で、2020年、7試合目となった日本女子オープン。優勝は原英莉花さん。
小祝さくらさんとの黄金世代によるマッチレースになりましたが、終始リードを保ちました。
持ち前の飛距離に加え、この試合はフェアウエイキープ、アイアンショット、パッティングとも申し分のない優勝でした。

滑り込みセーフのスタート

原英莉花さん、実は優勝はおろか、出場も難しい波乱から始まりました。
それは初日の朝に、突然襲ってきた腹痛。

原英莉花は腹痛ダッシュも…おはよう3連続バーディで4アンダー
◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 初日(1日)◇ザ・クラシックGC(福岡)◇6761yd(パー72) 午前8時3分のティオフ直前。クラブハウスからあわてて出てきた原英莉花はすでに同組の比嘉真美子、西郷真央がいた10番ティへ駆け下りた。「朝お腹が痛くて…食中毒かなって思うくらいで、スタートできな...

ティーオフ直前にダッシュして、スタートに間に合わせました。
特に前半は、プレーよりも、腹痛が気になる状態だったようです。

「朝コンビニに寄ったくらいからおかしくなって。(あたるようなものは)食べてないんですけどね。朝一のティショットは記憶がないくらい(笑)」

この日の原さんはインスタート。3連続と4連続バーディー。1ボギー。
スタートから9ホールでパーが1つしかないという激しいスコア。
後半は、2ボギーで抑え、前半の貯金を活かし、トータル-4は3位タイスタートです。

力を溜めた大会2日目

まずは、2日目のスコアから。

この日は、4バーディー、2ボギーの70。
一見すると初日から見劣りがするのですが、全体的に難しかったのです。
それはピンポジションと、グリーンコンディション。
グリーンはコンパンクションが22.5、スティンプで11.5でしたが、体感はそれ以上。
難しい位置に切られたカップを狙わなければ、バーディーは獲れない。
初日とは、ほんの少しの差でしたが、スコアには大きく影響を与えたのです。

『2020日本女子オープン2日目 0.5の違い』
日本女子オープンも2日目。少しメジャーの顔が見えて来た気がします。それで、初日と何が違うのかと言えば、タイトルにした0.5です。グリーンコンディションなのです…

首位に躍り出た3日目

3日目のコンディションは、2日目と大きく変わりませんでした。
そんな中での、原英莉花さんのスコア。

このスコアが大きかった。7バーディー、1ボギーの66。
前日まで小祝さんに3打差をつけられていたのですが、逆転をし、逆に4打差をつけました。
2日目までの小祝さんのプレーを見る限り、小祝さんが本命ではと見ていました。
しかし、原さんのプレーは、それを大きく凌駕したのです。

何しろ、持ち前の飛距離があって、しかも曲がらない。
そしてパッティング。ラインが見えたということですが、自信を持って打て、入れた。

原英莉花が通算12アンダー単独首位 小祝さくら4打差2位に
◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 3日目(3日)◇ザ・クラシックGC(福岡)◇6761yd(パー72) ムービングデーに原英莉花が突き抜けた。首位と3打差の2位から出て7バーディ、1ボギーの「66」でプレーし、通算12アンダーで単独首位に浮上した。 2019年「リゾートトラスト レディス」に続...

しかし、メジャー中のメジャー、ナショナルオープンです。
4打差をつけられた小祝さんも、全くあきらめてない中で、最終日を迎えます。

小祝さくら「4打差はわからない」 最終ホールの“攻め”に逆転への望み
◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技3日目(3日)◇ザ・クラシックGC(福岡)◇6761yd(パー72) 同組の原英莉花に3打差を逆転されて2位に後退した小祝さくら。それでもバーディで締めた最終18番に逆転の希望を見出そうとした。「セカンドショットで攻めた。それがバーディにつながった」。向かい風の...

そして、3日目にリーダーボードを駆け上がったのが、仲宗根澄香さんでした。

若手の想定スコアにあ然も仲宗根澄香が「65」で3位急浮上
◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技3日目(3日)◇ザ・クラシックGC(福岡)◇6761yd(パー72) 28歳の仲宗根澄香は開幕前に優勝スコアを「20アンダー」と想定した若手たちに驚きを隠せずにいた。「練習ラウンドでは自分がどのくらいスコアを出せるか考えながらプレーするけど、私は正直、全然そう(...

圧巻の7バーディー、ノーボギーの65、日本女子オープンの3日目でです。
これは、ステップアップツアーでの経験と、レギュラーへの課題を見据えた練習の成果です。

最終日は圧巻のプレーで優勝

4打差は確かにアドバンテージだったのですが、日本女子オープンです。
そのタフなセッティングですから、セーフティーリードとは言えません。
その中、横綱相撲と言ってよいほどのプレーを見せました。
最終日も、4打伸ばし、通算-16での優勝となりました。

原英莉花が圧巻の逃げ切りでメジャー初制覇 ツアー通算2勝目
◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 最終日(4日)◇ザ・クラシックGC(福岡)◇6761yd(パー72) 単独首位から出た原英莉花が5バーディ、1ボギーの「68」で回り、通算16アンダーで逃げ切り、メジャー初優勝を果たした。2019年6月「リゾートトラストレディス」に続くツアー通算2勝目。後続に...

スコアから見ると逃げ切りですが、プレーは攻めていた。
圧倒的な飛距離は、常にフェアウェイをとらえた。
勝負どころでも、アイアンはピンを刺し、パッティングも入れきった。

最終日前に-15までいけば優勝、伸ばせなければ混戦と書きました。

『日本女子オープン 優勝への展望』
昨日はあまり体調がすぐれなかったので、夜の更新ができませんでした。・・・中継は見ました。しかし、3日目、原英莉花さんのプレーは、絶品でしたね。3日目を終わって…

事実、小祝さくらさんが-12まで伸ばしたので、原さんが伸ばせなかったら混戦でした。

原英莉花「攻めました」原点回帰で“黄金対決”制してメジャー制覇
◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 最終日(4日)◇ザ・クラシックGC(福岡)◇6761yd(パー72) 原英莉花が悲願の日本タイトルを手にした。単独トップから5バーディ、1ボギーの「68」で回り通算16アンダーで逃げ切った。2位の小祝さくらに追い上げを許さず、1998年度生まれの黄金世代では畑...

私がー15というスコアを書いたのは理由があります。
それは、この4年間で3回勝っている畑岡奈紗さんを仮想していたためです。
畑岡さんが、もしプレーしていたとしたら、-15からー18と思っていました。
この週、畑岡さんは、LPGAツアーに参戦。翌週は全米女子プロだからです。

原英莉花さんの-16というスコアは、世界基準のスコア、そしてプレーだったと言えます。

攻めで圧倒 原英莉花が独走V|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

View this post on Instagram

お待たせしました🙏🏼 日本女子オープンゴルフ選手権で 優勝することができました! ツアー2勝目をメジャー大会で挙げることができて 本当に嬉しく思います⭐️ ✴︎ この様な状況の中 開催に携わって下さった皆様に 心から感謝申し上げます。 ありがとうございました!! ✴︎ なんだか感慨深すぎて 言葉にできない事が多くて戸惑ってます🥴 皆さんに伝えたいのですが 自分でも頭の中の整理が付いてなくて 文章考えながら今日を迎えてしまいました💦 ✴︎ ただ、ひとつ言えるのは 本当にいい試合運びができて楽しかったです☺️ 私のゴルフに大切なのは 気持ちよく振り抜く事、攻める姿勢を忘れない事! もし今後訪れる不調時には この文章を読み返したいと思います!! ✴︎ ずっと憧れていたメジャータイトル 取ることができて少し自信になりました🤏🏼 これからも自分で選び決めた道を 強く信じて振り返らない!! 後悔のないよう常に前を向いて行きます。 ✴︎ 最後に 心強いサポートをして下さるスポンサー各社様 どんなときも背中を押してくれる家族 どこまでもついて来てくれるチーム 沢山の応援をして下さるファンの皆様 どれが欠けてもこの優勝は実現できませんでした。 本当にいつもありがとうございます🙇🏼‍♂️ ✴︎ まだゴールではないので私、進み続けます。 良い時も悪い時も これからも宜しくお願い致します🥺⭐️ ✴︎ #メジャータイトル #2勝目 #日本通運 #MIZUNO #PEARLYGATES #MASTERBUNNY #KOSE #大塚製薬 #全農 #NTTDATA #LANDROVER #STARJEWELRY #OAKLEY #BRIDGESTON #東京商工会議所 ✴︎ #応援ありがとうございます #感謝 ✴︎ まだまだ気が抜けない感染予防対策。 肌寒くなってくる季節なので 免疫力を高めて過ごしましょう☺️ ✴︎ #長文読んでくださりありがとうございました #そして沢山の祝福メッセージありがとうございました

A post shared by 原英莉花 (@warriorsmilerika_9) on

原英莉花の可能性

待たれていた2勝目を、日本女子オープンというビッグタイトルで獲った。
これは大きいし、期待も高まるというものです。
この5年間を振り返る記事があり、これを読むと、1日にしてならずが良くわかります。

「こんなところでいつか勝てる日が来るのかな」原英莉花と女子オープンの5年間
◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 最終日(4日)◇ザ・クラシックGC(福岡)◇6761yd(パー72) 原英莉花が「日本女子オープン」に初出場したのは当時高校生だった5年前。石川県の片山津GC白山Cで開催され、チョン・インジ(韓国)がプレーオフを制した大会だった。「まぐれで通った」と予選会は勝...

原英莉花さんのジュニア時代は、決してエリート街道ではありませんでした。
黄金世代のトップランナーは、勝みなみ、新垣比菜、そして畑岡奈紗。
プロテスト1回目は合格せず、2回目で合格。
この2回目合格組では、渋野日向子さんが、全英女子オープン優勝という快挙を成し遂げた。
こういった状況の中なので、この日本女子オープン優勝は、大変意義があると思います。

原英莉花のクラブセッティング

優勝した、原英莉花さんのクラブセッティング。

“ジャンボイズム”継承 原英莉花の優勝ギア
◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 最終日(4日)◇ザ・クラシックGC(福岡)◇6761yd(パー72) 21歳の原英莉花が、歴代最長のコースを攻略して国内メジャー女王に輝いた。単独トップから「68」で回り、小祝さくらにスタート前の4打差を詰めさせることなく、通算16アンダー。師匠の尾崎将司のお...

<最終日の使用ギア>
ドライバー:ミズノプロ モデル-E ドライバー(8.5度)
シャフト:三菱ケミカル テンセイ CK 50(46.5インチ)
フェアウェイウッド:ミズノ ST200 フェアウェイウッド(3番15度、5番17度)
ユーティリティ:キャロウェイ マーベリック ユーティリティ(4番20度)
アイアン:ミズノ JPX921ホットメタル(5番~PW)
ウェッジ:ミズノ オリジナル(48度、52度、58度)
パター:オデッセイ トゥーロン パター サンディエゴ
ボール:ブリヂストン ツアーB X ボール

最新のクラブセッティングはこちらです。

ローアマは双子姉妹の岩井明愛

全国区のアマチュア大会がコロナ禍で中止となった2020年。
そのため、誰がローアマを獲るのか、これは予想がつきませんでした。
強いて言えば、昨年のローアマ、梶谷翼さんは外せないと思ったくらいです。

そんな中、ローアマは埼玉栄高校に通う、双子の岩井姉妹。お姉さんの明愛さんでした。

双子姉・岩井明愛がローアマ コロナ禍でジュニア大会は中止続き
◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 最終日(4日)◇ザ・クラシックGC(福岡)◇6761yd(パー72) 双子で出場した国内メジャー大会。姉のアマチュア岩井明愛(あきえ/埼玉栄高3年)が通算2アンダー14位で初のローアマに輝いた。妹のアマチュア岩井千怜(ちさと/埼玉栄高3年)は通算2オーバー40...

この難セッティングの中、アンダーパーでのローアマは価値があります。

コメント