日本女子オープン2022【勝みなみ逆転で2連覇】

女子ゴルファー日本一を決めるJGA主催のナショナルオープン、日本女子オープンが2022年も開催。今年は紫カントリークラブ・すみれコースが舞台。JLPGAプロ、そして宣言プロ、アマチュアの120名が頂点に挑みます。昨年は勝みなみさんが勝ち、ローアマは竹田麗央さんでしたね。

【大会まとめ】日本女子オープン2021
2年振りの有観客開催となった日本女子オープン。舞台は2016年、畑岡奈紗さんがアマチュアで衝撃の優勝を飾った、烏山城カントリークラブ。3日目を終わり、勝みなみ、西郷真央、西村優菜と3選手による優勝争い。最終日は勝みなみさんが圧巻のプレーを見せ、メジャー初勝利を飾りました。

更新していく記事ですので、各項目へは目次からジャンプで進めます。

2022 日本女子オープン大会概要

大会名称:日本女子オープンゴルフ選手権
開催コース:紫カントリークラブ すみれコース (6,839 PAR 72)
開催期間:2022年9月29日~10月2日 予備日:10月3日
賞金総額:15,000万円
優勝賞金:3,000万円
出場人数:120人(予定)
決勝進出順位:2R終了時 60位タイまで (予定)
主催:公益財団法人日本ゴルフ協会
大会URL:こちらです。

この試合は女子ゴルフですが、JLPGAではなく、JGAが主催の大会となります。

スポンサードリンク

2022 日本女子オープン放送予定

基本的にはNHKにて放送されますが、土日は朝からゴルフネットワークも入ります。

2022年9月29日(木)
13:00〜15:10 第1ラウンド NHK BS1
15:10〜17:00 第1ラウンド NHK 総合テレビ
2022年9月30日(金)
13:00〜15:10 第2ラウンド NHK BS1
15:10〜17:00 第2ラウンド NHK 総合テレビ
2022年10月1日(土)
7:00~12:30 とことん1番ホール生中継 ゴルフネットワーク
11:45〜13:50 第3ラウンド NHK BS1
13:50〜16:00 第3ラウンド NHK 総合テレビ
2022年10月2日(日)
7:00~12:15 とことん1番ホール生中継 ゴルフネットワーク
11:45〜13:05 第4ラウンド NHK BS1
13:05〜16:00 第4ラウンド NHK 総合テレビ

2022 日本女子オープン出場選手

オープン競技ですので、通常の女子ツアーとは出場資格が異なります。
例えば、ツアープロでも出場権を持っているのは、賞金ランキング30位まで。
その他のプロは、予選会を通過しなければ出場できません。

2022年度 日本女子オープン予選会と本戦出場選手
女子ゴルファー日本一を決める、日本女子オープン。2022年度は、9月29日〜10月2日、紫カントリークラブすみれコースで開催されます。ツアープロでも出場資格があるのはランキング上位30名など決まっています。予選会の結果と本戦出場資格のある選手です。

JLPGAシード選手でも、例えば、有村智恵、山路晶、酒井美紀、大西葵、柏原明日架ら選手は予選会突破の出場資格です。葭葉ルミさん、林菜乃子さんは辛くも最終予選繰り上がり出場です。

JGA 日本ゴルフ協会 【2022年度(第55回)日本女子オープンゴルフ選手権競技】

逆に言えば、JLPGAプロテスト未合格の選手でも、予選会を突破した選手は出場します。
今年は12名の選手が予選会を突破して出場します。

2022日本女子オープン出場を決めた宣言プロ
JLPGAのシード選手でさえ、必ずしも出場が出来ない日本女子オープン。最終予選会を勝ち上がった出場選手の中には、JLPGAプロテストに合格していない、いわゆる宣言プロが7名入りました。そのプロフィールや戦歴をご紹介していきます。その後繰り上げ出場が決まった選手もあり追記しています。

2022 日本女子オープンペアリングと見どころ

4日間大会、初日と2日目のペアリングが発表になっています。
初日がこちら、2日目がこちらです。1番と10番の4ウェイスタート。

注目のペアリングは、この辺りでしょうか?

16組 07:30 10H 原英莉花、上田桃子、山下美夢有
19組 07:57 10H 西村優菜、小祝さくら、吉田優利
24組 11:17 1H セキユウティン、菅沼菜々、金澤志奈
26組 11:35 1H @馬場咲希、勝みなみ、西郷真央
29組 12:02 1H 稲見萌寧、川﨑春花、岩井千怜

とは言え、最近の女子ツアーは、新しい勢力図の変化も感じます。
特に選手権を川﨑春花さんが獲ったのは衝撃で、尾関彩美悠さんが続きました。

先週優勝の山下美夢有さん、コンディションはどうか?
休養にあてた、西郷真央さんの調子は?
先週、久しぶりに予選落ちを喫した稲見萌寧さんはどうなのか?

優勝争いに絡んでくるアマチュア勢は?
12名が出場する宣言プロのプレーぶりは?

紫CCすみれコースのコースセッティング

何よりも気になるのが、コースセッティングです。

ツアー史上最長6839yd 山下美夢有「ラフが深くて難しい」
◇国内女子メジャー◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 事前(27日)◇紫CCすみれコース (千葉)◇6839yd(パー72) 5打差をつけて前週大会を制した山下美夢有は開幕3日前の月曜日は体を休めつつ「少し練習していました」。この日のプロアマ戦でラウンド、調整を開始した。 年間女王レースでトップを走るが、今季のドライビ...

ツアー史上最長6839ydのコースとあって「フェアウェイキープをしておけば、ロングアイアンで狙っていけると思うけど、外せばラフが深いのでラフからは難しい」と警戒した。

一方で、「コースは綺麗」という感想を持つプロも多く、

優勝した5月メジャー「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」の茨城GC西コースに似た感覚もあるという。

これは、確かにそれに近い感覚かもしれません。
飛ばし屋有利と事前の情報があった、茨城GC西コースで優勝したのは山下さんでした。
やはりフェアウェイキープ、そこから狙っていけるショットの精度、決めるべきパッティング、つまり総合力が試されそうです。
そういった意味ではフェアで、ある程度のスコアも出そう。
そして、総合力といった意味では、多くの選手にチャンスがあり、調子次第になるかもしれません。

優勝争いの見どころを挙げるとキリがありません。

2022 日本女子オープン大会初日

さぁ始まりました、日本女子オープンの大会初日。
NHKの中継では、やはりこの注目組を追いかけます。

26組 11:35 1H @馬場咲希、勝みなみ、西郷真央

馬場咲希さんが、間違いなく実力者と同組でどんなプレーを見せるのか?
そして、コースのコンディションとセッティングはどうなのか?

確かに簡単では無かった、グリーンは、12フィートとコンパンクション23。
アンダーパーが少ない、上位陣。全体がこちら

POSPLAYERSCORE1R2R3R4RTOTAL
1森田 遥-56767
2小祝 さくら-46868
3テレサ ルー-36969
4吉田 優利-27070
イ ミニョン-27070
木村 彩子-27070
岩井 明愛-27070
8山下 美夢有-17171

ステップアップツアーと同時開催で、グリーンの速さは一応、同じ12フィートの発表。
それでも、日本女子オープンの方が、明らかに速く、止まりづらい。
また、フェアウエイも見た目以上には狭く、特に終盤パー4は距離も長く、難易度も高い。
ピンポジションも、初日からここへ切る?といったタフなセッティング。
奇しくも、ABCゴルフ俱楽部と似た部分もありますが、紫カントリーすみれコースの方が1枚上のセッティング。
そうなると、総合力勝負の選手が上位に来ましたね。

森田遥がフィールド唯一の「ボギーなし」で5アンダー首位発進
◇国内女子メジャー◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 初日(29日)◇紫CCすみれコース(千葉)◇6839yd(パー72) 日本タイトルがかかる一戦、初日アンダーパーでプレーしたのはわずか8人。その中でも「ボギーなし」は5アンダーで単独首位発進した森田遥だけだった。 森田は前週の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」...

フェアウエイは広めなのですが、傾斜を考えると、見た目ほど広くはない。
ラフに入ると、グリーンを狙うのは絶望的です。

緊張感と大観衆の中、馬場咲希さんは健闘しています。

馬場咲希 初の国内メジャー初日は「緊張」で足を震わせ…
◇国内女子メジャー◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 初日(29日)◇紫CCすみれコース(千葉)◇6839yd(パー72) 馬場咲希(代々木高2年)の初めての国内メジャー大会は、「全米女子アマチュア選手権」優勝の偉業をたたえるセレモニーから始まった。スタート前に大会ゼネラルプロデューサー、戸張捷氏のアナウンスがあり、3...

「すごく緊張して。こんなに足が震えたのは初めて。2、3ホールは震えていました」。まだ17歳だが、快挙を成し遂げてからは大勢のギャラリーの前でプレーするのは初めてではない。緊張の理由はわからなかったというが、「雰囲気を楽しめていた」と大会前に掲げた信念は貫き通した。

しかし、緊張感は良い方向に向いて、前半、9ホールはしっかりフェアウェイキープで飛距離も出た。
バーディーは1つにとどまったものの、あと2つは伸ばせていた内容。
後半もボギー2つで抑えて、+1は22位タイの滑り出しです。

2022 日本女子オープン大会2日目

大会2日目は初日を超えて、コースの難しさが選手に立ちはだかりました。
近年まれに見るアンダーパーが3人しかいない上位陣。全体がこちら

POSPLAYERSCORE1R2R3R4RTOTAL
1木村 彩子-27072142
2森田 遥-16776143
菅沼 菜々-17271143
4佐久間 朱莉±07272144
イ ミニョン±07074144
川﨑 春花±07272144
上田 桃子±07272144
佐藤 心結±07371144
アンダーパーわずか3人 木村彩子が首位 アマ馬場咲希15位
◇国内女子メジャー◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 2日目(30日)◇紫CCすみれコース(千葉)◇6839yd(パー72) 首位と3打差の4位から出た木村彩子が2バーディ、2ボギー「72」で回り、通算2アンダーの単独首位に浮上した。6月「アース・モンダミンカップ」に続くツアー2勝目を目指して決勝ラウンドに臨む。 1打...

難しさが色々な面であふれています。
難しく無い部分を挙げることが難しいほど。
強いて言えば、フェアウェイが狭くないだけか。

それでも、14番のパー4など、フェアウェイ右にヒットしても左ラフまで流れる。
行先のラフはウェッジで出すのがやっとというくらいの深さ。
ピンは手前で、どうやって、パーを獲るのかさえ、考えるのも頭が痛いところです。

そして、難しいのは、グリーンサイド。
刈り込んであるカラーからこぼれると、深いラフか池。
加えて、ピンポジは難しく、パッティング巧者でさえ、1mを油断できない。

やれやれ、これでやっと2日目が終了。
カットラインは、+7で64選手が決勝ラウンド進出です。

今回のセッティングは果たして良いのかと疑問も持ちます。

2022日本女子オープンのセッティングと予選通過選手
2022年の日本女子オープンは、非常にタフなセッティング。難しいのは理解出来ますが、度を超すとアンフェアとも言えます。今回のコースセッティングでの問題と、決勝ラウンド進出を果たした選手をカテゴリー別に一覧にしています。

2022 日本女子オープン大会3日目

期待感よりも、何となく重い予感がした3日目の始まり。
予想は当たって、多くの選手が苦しむ場面を見ることになりました。

3日目終わりの上位陣。全体がこちら

POSPlayerScoreR1R2R3R4Total
1申 ジエ-2727369214
2吉田 優利-1707570215
3山下 美夢有1717670217
勝 みなみ1727570217
森田 遥1677674217
6川﨑 春花2727274218
7黄 アルム3727473219
小祝 さくら3687774219
佐久間 朱莉3727275219
申ジエ首位 1打差に吉田優利 アマ馬場咲希10位で最終日へ
◇国内女子メジャー◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 3日目(1日)◇紫CCすみれコース(千葉)◇6839yd(パー72) 首位と3打差の9位から出た申ジエ(韓国)が4バーディ、1ボギーでこの日のベストスコア「69」で回り、通算2アンダーの単独首位に浮上した。大会初優勝、国内メジャー5勝目をかけて、残り18ホールに挑む...

一応、発表されたグリーンコンディションは、コンパンクションが23.5でスティンプが12フィート。
しかし、午後を見る限りでは、もっと硬い感じですね。
多くの選手がウェッジで打っても、スピンがほどける。
加えて、ピンポジも、ほぼエグいところに切ってあるので、これは試練です。

3日目の最難関ホールは17番。
平均スコアが、4.625なので、2人に1人以上がボギー。
バーディーは2人だけで、そもそもパーオンが10人以下です。

さて、迎える最終日は、アンダーパーが2人で始まります。
ピンポジ次第ですが、優勝がオーバーパーの可能性もある。
+4くらいまでの選手には、十分にチャンスがあると思います。

2022 日本女子オープン大会最終日

大会最終日は序盤からスコアが動きました。
グリーンコンディション、発表は、コンパンクション23.5、スティンプ12フィートと変わらず。
しかし、アウトコースはグリーンが若干止まったように感じました。
そんな中、爆発的にスコアを伸ばしていったのが、最終組の1組前。
山下美夢有さんは、9番でショットインイーグルを決め、勝みなみさんは、5バーディーを奪取。
ここで、優勝争いは最終組を含めた4選手に絞られ、難しいインコースでの決戦になりました。

勝みなみ 優勝は逆転での2連覇

勝負の分かれ目は、4日間通じてタフなホールだった17番。
勝みなみさんは渾身のバーディー奪取。
対して、最終組の申ジエ、吉田優利の両選手が落として、実質の勝負が決まったように思います。

吉田優利 悔やまれる4日間の17番

4日間、いや、この1か月はとても良いプレーをしていた吉田優利さん。
最後の18番は意地のバーディー締めでしたが、最終結果は3位タイでした。
吉田さんの17番は、4日間でダブルボギーが2つ、ボギーが2つ。
6つスコアを落としてしまったのが、何とも悔やまれるところです。

吉田優利は今季初優勝ならず 鬼門17番でトータル6オーバー「攻略できなかった」
チャンスをつかみ切ることができなかった。1打差の単独2位で首位の背中を追った吉田優利は、3バーディ・2ボギー・1ダブルボギー…

17番は吉田にとっての“鬼門”だった。初日からボギー、ダブルボギー、ボギー、ダブルボギーと、4日間でトータル6オーバー。「4日間とも17番が攻略できなかった。次の機会があれば、全日パーで上がれたらいいと思います」。声を絞り出して前を向いた。

こちらも泣ける。しかし、健闘をたたえたいと思います。

「これから何回もチャンスがある。またリベンジしたいと思います。残り数試合しかないですけど、そのなかで優勝できるように頑張りたいです」。そして「あ~」と大きなため息を吐いて、コースを後にした。

馬場咲希 実力の片りんでローアマ

注目のアマチュア、馬場咲希さんは、通算+5の11位タイフィニッシュ。
ローアマを獲得しましたが、まだまだ伸びしろは十分です。
国内と言うよりも、LPGAツアーで、世界を狙える逸材への可能性を感じます。

馬場咲希がローアマ獲得 収穫と今後の課題
◇国内女子メジャー◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 最終日(2日)◇紫CCすみれコース (千葉)◇6839yd(パー72) 8月「全米女子アマチュア選手権」覇者の馬場咲希(代々木高2年)は3バーディ、4ボギーの「73」で回り、通算5オーバー11位で終えた。決勝進出を決めた6人のアマチュアの中ではトップの成績で、ローア...

「マネジメントの面で、ラフに入っても無理せずレイアップしていう風に気持ちを切り替えることができたのは良かった。長いラフでの練習はあまりできないけど、これだけ難しいところでできた。今回学んだことを忘れずに、生かせるように頑張ります」

アプローチだけでなく、グリーン上でも「トッププロの方たちは“ここぞ”と言うときにパターを決めてくる」とパッティングにも課題を見出した。

2022日本女子オープン最終結果

最終の全成績です。最終日のホールバイホールがこちら。ホールサマリーがこちら

POSPlayerScoreTodayHoleR1R2R3R4Total
1勝 みなみ-3-4F72757068285
2申 ジエ-2±0F72736972286
3西村 優菜±0-4F72767268288
山下 美夢有±0-1F71767071288
吉田 優利±01F70757073288
6佐久間 朱莉2-1F72727571290
7ペ ソンウ4-1F72737671292
堀 琴音4-1F76727371292
テレサ ルー4±0F69777472292
小祝 さくら41F68777473292
11藤田 さいき5±0F72757472293
福田 真未5±0F76747172293
馬場 咲希@51F73737473293
泉田 琴菜51F78697373293
15川﨑 春花64F72727476294
16岩井 千怜7-2F72777670295
野澤 真央7±0F73757572295
三ヶ島 かな71F74767273295
辻 梨恵72F74747374295
鈴木 愛73F74747275295
黄 アルム74F72747376295
22セキ ユウティン8-1F79717571296
菅沼 菜々8±0F72718172296
ささき しょうこ8±0F74767472296
神谷 そら@81F73747673296
西山 ゆかり81F74757473296
サイ ペイイン82F73727774296
木村 彩子83F70727975296
上田 桃子84F72727676296
30新垣 比菜9-2F77737770297
菊地 絵理香9-1F75747771297
原 英莉花92F78717474297
イ ミニョン93F70747875297
森田 遥98F67767480297
35岩井 明愛10-1F70797871298
尾関 彩美悠10±0F78737572298
永峰 咲希101F72787573298
全 美貞104F76737376298
39穴井 詩111F74777573299
高橋 彩華112F74777474299
金澤 志奈113F76747475299
稲見 萌寧114F73727876299
大里 桃子114F78737276299
川岸 史果116F73757378299
45河野 杏奈12±0F78727872300
幸田 彩里@122F74767674300
木下 彩122F77747574300
河本 結123F73737975300
木戸 愛124F74747676300
50荒木 優奈@137F74747479301
51酒井 美紀143F73767875302
金田 久美子144F77747576302
柏原 明日架145F77747477302
植田 梨奈146F77747378302
佐藤 心結149F73717781302
56佐伯 朱音154F75767676303
権藤 可恋155F78727677303
笠 りつ子156F74757678303
59石田 可南子167F74757679304
60渡邉 彩香184F73787976306
61花田 華梨@194F77748076307
ユン チェヨン196F74758078307
63仲村 果乃@227F75748279310
64手束 雅249F76748181312

関連記事

2022日本女子オープンのセッティングと予選通過選手
2022年の日本女子オープンは、非常にタフなセッティング。難しいのは理解出来ますが、度を超すとアンフェアとも言えます。今回のコースセッティングでの問題と、決勝ラウンド進出を果たした選手をカテゴリー別に一覧にしています。
2022日本女子オープン出場を決めた宣言プロ
JLPGAのシード選手でさえ、必ずしも出場が出来ない日本女子オープン。最終予選会を勝ち上がった出場選手の中には、JLPGAプロテストに合格していない、いわゆる宣言プロが7名入りました。そのプロフィールや戦歴をご紹介していきます。その後繰り上げ出場が決まった選手もあり追記しています。
2022年度 日本女子オープン予選会と本戦出場選手
女子ゴルファー日本一を決める、日本女子オープン。2022年度は、9月29日〜10月2日、紫カントリークラブすみれコースで開催されます。ツアープロでも出場資格があるのはランキング上位30名など決まっています。予選会の結果と本戦出場資格のある選手です。

コメント