スポンサードリンク

【2021】三ヶ島かな クラブセッティング

2021年の最終戦、リコーカップでツアー初優勝を飾った、三ヶ島かなさんのクラブセッティングです。
ブリヂストン契約プロですので、ハイブリッド以外はブリヂストンでまとめられた構成となっています。

2021年リコーカップ優勝時のセッティング

元々はフェアウェイキープに優れ、ステディーなプレースタイルの三ヶ島さん。
過去の優勝争いでは、勝負所で抜け出せず、2位が5回というキャリア。
この大会の初優勝に貢献したのは、特にショートゲームであったと思います。
最終日、優勝の決め手となった、16番のチップインバーディーは見事でした。

<最終日のクラブセッティング>
ドライバー:ブリヂストン ツアーB JGR(9.5度)
シャフト:藤倉コンポジットスピーダーNX(45.5インチ、硬さSR)
フェアウェイウッド:ブリヂストン ツアーB JGR(3番15度、5番18度)
ハイブリッド:テーラーメイド SIM2 MAX レスキュー(4番22度)、ピン G410 ハイブリッド(4番22度、5番26度)
アイアン:ブリヂストン ツアーB 201CB(6番~PW)
ウェッジ:ブリヂストン BRM ウェッジ(50度、57度)
パター:オデッセイ ホワイト・ライズ #15H
ボール:ブリヂストン ツアーB X

参考記事

平均パット数は全体1位の「25.50」三ヶ島かなの優勝ギア
◇国内女子メジャー◇JLPGAツアー選手権リコーカップ 最終日(28日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6543yd(パー72) 緊張のなか始まった最終日は第1打目をフェアウェイにつけてのスタート。三ヶ島かなはピンまで8mほどのフリンジからのバーディパットを沈めて幸先よく滑り出した。「ここから突き放して、あと17ホールやってやる...

多くの契約プロがドライバーを新シリーズに変える中で、敢えてツアーB JGR。
2019年から続けているモデルですね。

三ヶ島かな 2020年開幕時のセッティング

2020-21の統合シーズンとなったのですが、開幕時のセッティングです。

1W:TOUR B JGR(9.5°/SPD569プロトSR/45.5inch/D0.5)
3,5W:TOUR B JGR(15,18°/SPD569プロトSR/42.75-42.25inch/D0.5)
3H:J15HY(21°/MCH60R/40.25inch/D0)
6I~PW:TOUR B 18 X-CB(MCI70R/37.5inch(#6)/C9.5)
PS:TOUR B XW-B(52-8/MODUS105S/35.25inch/C9.5)
SW:TOUR B XW-B(58-8/NS950R/35inch/D0.5)
BALL:TOUR B X

実は、ドライバーやフェアウェイウッド、アイアンなどに変更はありません。
一方で、この期間、青木翔コーチの教えを受け、スイングは大きく変わっています。
クラブセッティングを変えるより、スイングや技術の熟成で勝ち取った優勝とも言えます。

コメント