【2022】山下美夢有 クラブセッティング

KKT杯バンテリンレディスで圧巻の勝利をした山下美夢有さん。
そのステディーなプレーは、2022年のメジャー、サロンパスカップでも勝利を飾りました。
そのクラブセッティングとスイング解説についてです。

【2021】山下美夢有 クラブセッティング

山下さんはスリクソン契約選手ですので、そのラインナップです。

【山下美夢有の優勝ギア】
1W:スリクソンZX7(9.5°/TR弐プロトタイプ/569SR/45インチ)
3W:スリクソンZX(15°/スピーダーエボIV/569SR)
5W:スリクソンZX(18°/スピーダーエボIV/569SR)
4UT:スリクソンZX(22°/DIAMOND Speeder HB 8S)
5UT:スリクソンZX(25°/DIAMOND Speeder HB 8S)
5I~PW:スリクソンZX5(DG85 R300)
AW:クリーブランド RTX ZIPCORE(48°/DG85 R300)
SW:クリーブランド RTX ZIPCORE(52、58°/DG95 R300)
PT:スコッティキャメロン select GOLO S
BALL:スリクソンZ-STAR XV

ドライバーのシャフトが珍しく、フジクラTR弐プロトタイプを使用です。

参考記事

2週連続のSRIXON×グリーンジャケット 19歳・山下美夢有と今季優勝者たちとの共通点【勝者のギア】
熊本で行われた「KKT杯バンテリンレディス」は19歳の山下美夢有の優勝で幕を閉じた。山下はスリクソンとクラブ契約を結び、今大…

ALBA記事には、興味深いインタビューの一節があります。

「山下さんも古江さんも練習場で見ていて曲がらず、常に同じテンポで打てるところが非常に似ていると思います。フェアウェイウッドのシャフトは、ともにエボIVですしね。ただ、ティアップしたボールを打つときに、山下さんの方が下から拾いながら乗せて運ぶ打ち方なので先が動くTR弐プロト、一方の古江さんは先を動かさずフェースをコントロールして真っすぐ飛ばすタイプなのでTRが合っているのだと思います

山下美夢有 スイング解説

スイング解説については、お馴染み、辻村明志コーチの見聞です。

アマだってできる! 山下美夢有の元世界1位二人との共通点【辻にぃ見聞】
国内女子ツアー「ヤマハレディース」は稲見萌寧の今年2勝目で幕を閉じた。2位には19歳の山下美夢有、4位タイには22歳の高木優奈、…

山下さんのスイングで大きな特徴は、バランスが良く、クセがないことですね。
この記事はヤマハレディースでの見聞を元にしていますので、稲見萌寧さんのパートが前半。
後半部分で、山下美夢有さんのスイング解説があります。

「山下さんは打つまでのルーティン、テンポがすごくいい。何がいいかというと判断力と決断力。セットアップするまでに迷いがないからスッとアドレスに入れる。変な動作がまったくない。だからこそ、スイングリズムも良くなるんです」

これは、テレビ観戦した方も感じたのではないでしょうか?
非常にプレースピードは早いのですが、それは決断力が早いため。
決して、スイング自体のテンポやリズムが格別に早い訳ではないのです。

そういった意味からも、アマチュアのお手本になりえると思います。
辻村明志コーチからは、こんな提言があります。

このことはアマチュアの方々でもできることです。レベルは関係ありません。決断する、迷いをなくすということは、みなさんが思っている以上に難しく勇気が要ることです。山下さんも様々な経験を経て、難しくなるときがくるでしょう。それは上に行こうとすれば当然のこと。それありきでどこまでトライができるか。結局は難しく考えすぎないことが大事なんです。みなさんもできる限り余計なことを考えず、迷いを持たずにアドレスに入ってみてください。それだけでスイングが劇的に変わると思いますよ

私もこのサイトで繰り返し書いているのですが、スイングは形でなく連続の動き。
そして、それがバランス良くなされることで、良いショットを生みます。
まずは、ここからだと思います。良いお手本です。

「リズムのことしか考えていなかった」初優勝の山下美夢有と金谷拓実、リディア・コーの共通点とは!? - みんなのゴルフダイジェスト
国内女子ツアー「KKT杯バンテリンレディス」で初優勝を挙げた山下美夢有。プロゴルファー・中村修によれば、山下のプレーぶりには、同日に男子開幕戦「東建ホームメイトカップ」を制した金谷拓実、そして米女子ツアー「ロッテ選手権」を制したリディア・コーとの共通点があるという。それは一体!?

【2022】山下美夢有 クラブセッティング

昨年の初優勝に続き、2022年のサロンパスカップではメジャー初優勝を飾りました。
初日の64という驚異的なコースレコードを守り切っての完全優勝です。

<最終日のクラブセッティング>
ドライバー:ダンロップ スリクソン ZX7 ドライバー(9.5度)
シャフト:藤倉コンポジット スピーダー 569 TR弐(硬さSR)
フェアウェイウッド:スリクソンZX フェアウェイウッド(3番15度、5番18度)
シャフト:藤倉コンポジット スピーダー エボリューション 6 569(硬さSR)
ユーティリティ:ダンロップ スリクソン ZX ハイブリッド(4番22度、5番25度)
アイアン:ダンロップ スリクソン ZX5 アイアン(6番~PW)
ウェッジ:クリーブランド RTX ZIPCORE(48度、52度、58度)
パター:オデッセイ ホワイト ホット OG 2-BALL パター
ボール:ダンロップ スリクソン Zスター XV ボール

実は初優勝のときから変わったのは、この週から投入したパター。
また、今回から取り入れた独自のルーティーンも相まって、安定したプレーとなりました。

参考記事

「一目ぼれではないけれど」山下美夢有をメジャー初Vに導いた13本+1
◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 最終日(8日)◇茨城GC西コース◇6680yd(パー72) 2001年生まれの20歳が、初日から首位を守って国内メジャー初制覇を果たした。前週まで3戦連続で予選落ちしていた山下美夢有を完全優勝に導いたギアは、ツアー初優勝時とほぼ変わらないセッティング。昨年「KKT杯...

コメント