女子ゴルフ黄金世代歴代優勝者【2019年版】

女子ゴルフでは欠かせなくなった黄金世代。
私はメディアで黄金世代と一般的になる前に、ゴールデンエイジと書いていました。
2015年のことでした。
その前年、2014年には、勝みなみ選手が、高校1年生のアマチュアでレギュラーツアー優勝を飾っていたのですが、彼女1人ではない、この同級生に有力なアマチュアが揃っていたので、近い将来、女子ゴルフ界をけん引する存在になると感じたからです。

勝みなみ すべてはここから始まった

アマチュア時代から、そのポテンシャルが評価された彼女たち。
それを一気に全国区に押し上げたのが、勝みなみ選手でした。
高校1年生、15歳でKKT杯バンテリンレディスに勝った。
それも、いかにも楽しそうに、ノープレッシャーだったと思います。
最終の18番、おにぎりを口にしながらティーショットを放った。
その優勝シーンを現地で見た、同級生アマチュアプレイヤーもいたのです。
刺激を受けないはずがありません。

優勝歴:
2014年 KKT杯バンテリンレディス ※アマチュア優勝
2018年 大王製紙エリエールレディス
2019年 パナソニックオープンレディス
2019年 中京テレビブリヂストンレディス

畑岡奈紗 アマチュアで勝った日本女子オープンの衝撃

世界どの国でも栄誉ある、ナショナルオープンのタイトル。
国内女子では、「日本女子オープン」が最高峰の大会となります。
この試合、何とアマチュアで制する選手が現れました。
それが、畑岡奈紗さんです。
まさか、この大会で優勝するアマチュアが現れるとは思わなかった。
記録は破られると言われますが、日本女子オープンをアマチュアで獲る選手が現れるのかどうか?
畑岡さんは、プロデビューの場を米ツアーLPGAに求めます。
チームも組まず、英語も充分ではない中、単身挑んだ異国での戦い。
参戦初年度は苦労の連続でしかなかったと思います。
そんな中、ディフェンディングチャンピオンとして挑んだ日本女子オープン。
そこでは優勝。アマチュアで優勝、プロで優勝と2連覇は見事としか言いようがありません。

優勝歴:国内
2016年 日本女子オープン ※アマチュア優勝
2017年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン
2017年 日本女子オープン
2019年 日本女子プロゴルフ選手権
2019年 日本女子オープン
優勝歴:海外
2018年 ウォルマートNWアーカンソー選手権
2018年 TOTOジャパンクラシック
2019年 キアクラシック

Nasa Hataoka Round 3 Highlights 2019 Kia Classic

新垣比菜 同世代初の初優勝プロ

黄金世代で、プロ入り後、初優勝を飾ったのが新垣比菜さんです。
高校生時代にも、ステップアップツアーで勝っており、同世代での一目を置かれる実力者。
勝みなみ選手に続く逸材として注目されていた中、同期初優勝でした。


優勝歴:
2018年 サイバーエージェントレディス

大里桃子 プロ入り最短での優勝

新垣比菜さんの優勝に続いたのは、伏兵と目されていた大里桃子さんでした。
プロテストは2回目の受験で合格。しかしその後が凄かった。
プロテスト合格後23日目、CAT Ladieで優勝を飾ります。
また、畑岡奈紗さん3回目の優勝となった、2019年の日本女子オープンでも2位。
着実に力を伸ばしてきています。


優勝歴:
2018年 CAT Ladies

河本結 黄金世代の快進撃始まる

河本結さんは、他の選手と違う道を選びました。
日本体育大学に進学。女子大生プロゴルファーの道を選びました。
一方でプロデビューは2018年で主戦場はステップアップツアー。
しかし、ここで実力を見せ、年間4勝を挙げ、賞金ランキング1位となります。
その資格で乗り込んだ、翌2019年のレギュラーツアー。
春に行われた、アクサレディスで、レギュラーツアーで初優勝を飾ります。
完成度の高いスイング、あくなき向上心、多才な表現力。
将来、大物になる可能性が十分ある、楽しみなプロです。
そして、2020年シーズンは活躍の場を米ツアー、LPGAに求めました。
間違いなく、一層の飛躍が期待できるプロの一人です。


優勝歴:
2019年 アクサレディス

渋野日向子 世界で勝った黄金世代

2019年、ゴルフ界最大の話題となった渋野日向子さん。
プロテスト合格は、受験2年目。
勝みなみ、畑岡奈紗といった、同世代のトップランナーとは差がありました。
それが、一躍大きな飛躍をとげたのが、2019年です。
まずはメジャー、ワールドレディスサロンパスカップで、プロ入り初優勝を飾ります。
初優勝がメジャーという、それだけでも凄いことなのですが、さらに続きがあった。
7月の資生堂アネッサレディスで、プレーオフを制し、ツアー2勝目。
そして、初の海外試合となった、全英女子オープン。
だれもが予想しなかった快進撃を続け、日本人42年ぶりのメジャー制覇。
4日間いかにも楽しそうに笑いながらプレーを続け、海外メディアから名付けられたのが、
「スマイリングシンデレラ」
これは、渋野日向子さんのキャッチフレーズとなり、一躍、時の人となります。
出場試合には異例のギャラリーが集まり、社会現象にもなりました。
そんな中、デサントレディース東海クラシックでは、最終日8打差の逆転優勝。
大王製紙エリエールレディスでも優勝し、年間最優秀選手に選ばれます。
黄金世代の枠を超え、渋野日向子という選手は、大スターになったのです。


優勝歴:国内
2019年 ワールドレディスサロンパスカップ
2019年 資生堂アネッサレディス
2019年 デサントレディース東海クラシック
2019年 大王製紙エリエールレディス
優勝歴:海外
2019年 全英女子オープン

原英莉花 大器目覚める

大型プレイヤーとして、また美人プロとして注目を集めていた原英莉花さん。
その覚醒は、リゾートトラストレディスでした。
注目すべき飛距離は、常にJLPGAツアーで5位以内。
課題は、ショートゲームと明確でした。
そんな彼女が初優勝を飾ったのが、リゾートトラストレディス。
ペソンウさんとの終盤の競り合い、マッチプレーを制しての優勝でした。
プレーオフは2ホール目で決着。
18番の繰り返しという通常とは違い、15番パー3で行われたこのプレーオフ。
見事なバーディーを奪取しての優勝でした。
18番グリーンに戻る間にあった、ギャラリーからの祝福の声。
まるで、ウイニングロードのようでした。


優勝歴:
2019年 リゾートトラストレディス

小祝さくら シルバーコレクター返上

黄金世代でTOP10入りが最も多かった2018年の小祝さくらさん。
いつ勝ってもおかしくないと、周囲の期待は高まるばかりでした。
しかし、2位や3位はあっても、優勝までは、あと一歩届かない。
そんな小祝さくらさんが勝ったのが、サマンサタバサでした。
この試合、彼女は、「絶対に勝つ」という強い決意で臨みました。
最終日も守ることなく、攻めに攻めた。
パッティングも強気で攻めていったのが、印象的な優勝でした。


優勝歴:
2019年 サマンサタバサガールズコレクション

勢いに乗った淺井咲希

黄金世代で9人目の優勝者となったのが、淺井咲希さん。
CAT Ladiesでのことでした。
終始安定したプレーで、最終ホールを2位と2打差で迎えます。
そしてウイニングパットとなると思われた、50cmのパーパット。
何と、彼女はこれを外してしまいます。
しかも、オーバーした距離は2m強。
これを入れなければ、プレーオフです。
しかし、彼女は入れ切っての優勝。
18番グリーンで見守っていた、同期で仲良しの勝みなみさん。
呆然からの熱い祝福のシーンも印象に残っています。


優勝歴:
2019年 CAT Ladies

次世代の活躍も始まる

この記事では黄金世代の優勝にスポットをあてました。
しかし、これに続く世代の快挙があった、2019年でした。
それは、当時19歳のアマチュア、古江彩佳さんの優勝でした。
富士通レディースのことです。
古江彩佳さんは、ちょうどプロテストの受験中。
一次、 二次となんなく突破し、最終プロテストを控える立場でした。
しかし、富士通レディースでは、プロを相手に堂々としたプレーを展開。
最終日最終組でも、持ち前の安定さを遺憾なく発揮。
史上9人目のアマチュア優勝を飾り、最終プロテスト免除で、プロになりました。

2020シーズンに向けて

黄金世代の活躍が目覚ましかった2019シーズン。
しかし、古江彩佳さんをはじめとする2000年生まれの有力選手もプロテストを通過。
QTも上位で、レギュラーツアーの出場権を手にしています。
代表的なのは、安田祐香、吉田優利、西村優菜といった選手です。
プラチナ世代、ミレニアム世代とも称される選手たちです。

女子プロゴルファー 安田祐香 その歩み
新時代令和となり、女子ゴルフ界は、1998年度生まれの黄金世代と2000年度生まれのプラチナ世代、ミレニアム世代がけん引していきます。輝かしいアマチュア時代の実績を引っ提げてプロ入りした安田祐香さん。その足跡、プロフィール、契約関係をまとめています。
女子プロゴルファー 吉田優利 その歩み
2020年ツアールーキーとして女子ゴルフツアーを戦う吉田優利さん。彼女のアマチュア時代からの歩み、プロテスト合格からQT上位進出への道のり、そして彼女のプロフィールをまとめました。ルーキーイヤーとしては、異例の大型契約も得て、大きな飛躍が期待できる女子ゴルファーです。
2020年のBSGで放送 田中瑞希と西村優菜
スカイAでの人気番組、田中秀道のビッグステップゴルフ。2019年に登場した、ルーキー渋野日向子さんは、文字通り大きな飛躍を遂げました。そして、2020年の番組には、期待のルーキーたちが出演。その中から今回は、田中瑞希さんと、西村優菜さんを取り上げます。

彼女たちの活躍からも目が離せません。
また、黄金世代でも、優勝が狙える選手は多数です。
ある大会では、黄金世代の選手だけで、20名以上の出場がありました。
注目に値する女子プロゴルフの世界だと思います。

併せて読みたい記事

2019 LPGA優勝者一覧とクラブセッティング
大きな話題と人気を誇った、国内女子ゴルフ、LPGAツアー。全39戦が行われたのですが、その優勝者には、大きな傾向がありました。黄金世代が脚光を浴びたこと、事実、彼女たちは勝っています。全体に、極端な若返りがあった優勝者の一覧とクラブセッティングをまとめました。

コメント