スポンサードリンク

2022 JLPGA新人賞は誰か? 第2弾

2022年シーズンは複数選手がQTやリランキングをクリアして、初優勝やシード権獲得に向かっています。第1回リランキングクリア後、中盤戦の戦いの中からルーキーをピックアップして、新人賞までの道のりを追いかけていきます。

前半戦での戦いは、以下の記事にまとめています。

2022 JLPGA 新人賞への道 前半戦
2022年シーズンもルーキーイヤーから活躍する選手が複数名います。思い起こせば、昨年、2020-21シーズンは、古江彩佳さんが新人賞と最優秀選手賞を同時受賞しました。2022年シーズン、ルーキーの活躍を追いかけ、新人賞への足跡を記録していきます。

ちなみに、前半戦終了時、メルセデスランキング上位は以下の通りです。

リランキング順位氏名総合獲得Pt試合数QTMR
4佐久間 朱莉354.82pt191426
6後藤 未有322.96pt191729
7桑木 志帆288.88pt191332
10佐藤 心結277.71pt191138
11阿部 未悠276.69pt192339

第20戦 大東建託・いい部屋ネットレディス終了時

大東建託・いい部屋ネットレディスでのルーキー勢の活躍ですが、上位順に11位T:岩井千怜(54.00pt)、14位T:佐藤心結(40.50pt)、14位T:リハナ(40.50pt)、20位T:成澤祐美(27.00pt)、25位T:上野菜々子(20.25pt)、29位T:佐久間朱莉(14.81pt)、38位T:小倉彩愛(7.77pt)、38位T:泉田琴菜(7.77pt)、49位T:浜崎未来(4.38pt)、57位:阿部未悠(3.45pt)、58位T:植手桃子(3.15pt)でした。この結果、上位5選手は以下の通りとなりました。※この試合から、メルセデスランキング上位順の表記とします。

MR順位氏名総合ポイント獲得pt獲得賞金試合数
28佐久間 朱莉369.64pt14.81¥17,562,50020
33後藤 未有322.96pt0¥18,689,00020
34佐藤 心結318.21pt40.50¥16,716,33320
38桑木 志帆288.88pt0¥15,723,25020
41阿部 未悠280.14pt3.45¥16,173,58320

佐久間朱莉さんの1位、後藤未有さんの2位は変わらず。
この試合で、14位タイとなり、40.50ptを獲得した、佐藤心結さんが、3位に上昇です。

第21戦 楽天スーパーレディース終了時

楽天スーパーレディースは、勝みなみ選手が、史上初、4日間大会をノーボギーで優勝するという見事なプレーを展開しました。
一方で、ルーキーたちも健闘したプレーを見せました。
決勝ラウンドには、13選手が進出です。
成績は上位順に、10T:岩井千怜(57.50pt)、13T:内田ことこ(49.50pt)、13T:仁井優花(49.50pt)、15:上野菜々子(45.00pt)、16T:佐藤心結(36.00pt)、16T:天本ハルカ(36.00pt)、21T:小倉彩愛(24.75pt)、21T:阿部未悠(24.75pt)、27T:岩井明愛(15.64pt)、27T:成澤祐美(15.64pt)、27T:桑木志帆(15.64pt)、47T:川﨑春花(5.10pt)、51T:後藤未有(4.28pt)この結果、上位5選手は以下の通りとなりました。

MR順位氏名総合ポイント獲得pt獲得賞金試合数
29佐久間 朱莉369.64pt0¥17,562,50021
31佐藤 心結354.21pt36.00pt¥17,806,33321
35後藤 未有327.23pt4.28pt¥19,074,00021
39阿部 未悠304.89pt24.75pt¥16,993,58321
40桑木 志帆304.52pt15.64pt¥16,413,25021

僅差ですが、佐藤心結さんが2位に、阿部未悠さんが4位に浮上しています。

第22戦 meijiカップ終了時

meijiカップでは、彗星のごとく出場したルーキーが注目されました。
櫻井心那さんで、初めての最終日、最終組ながら、優勝まであと一歩の2位に入りました。
櫻井心那さんは、今季の主戦場はステップアップツアーなので、レギュラーツアーの出場は2戦目。
ただし、ステップアップツアーでは、既に1勝を挙げ、賞金ランキング1位を走る18歳です。
さて、meijiカップの結果を踏まえて、ルーキー勢の健闘を見ていきましょう。
櫻井心那さんをはじめ、ルーキー13選手が決勝に進出しました。
成績は上位順に、2T:櫻井心那(105.00pt)、5T:岩井明愛(57.50pt)、9T:岩井千怜(42.50pt)、11T:小倉彩愛(36.00pt)、11T:浜崎未来(36.00pt)、19T:佐藤心結(18.14pt)、26T:上野菜々子(13.00pt)、40T:内田ことこ(4.60pt)、40T:阿部未悠(4.60pt)、45T:泉田琴菜(3.70pt)、45T:天本ハルカ(3.70pt)、49T:桑木志帆(3.03pt)、52T:成澤祐美(2.75pt)この結果、上位5選手は以下の通りとなりました。

MR順位氏名ポイント獲得Pt獲得賞金試合数
33佐藤 心結372.35pt18.14pt¥18,653,61822
34佐久間 朱莉369.64pt0¥17,562,50022
37後藤 未有327.23pt0¥19,074,00022
39阿部 未悠309.49pt4.60pt¥17,470,58322
40桑木 志帆307.56pt3.03pt¥16,773,25022

僅差ながら、佐藤心結さんが新人賞レースのトップに立ちました。
しかし、今回の櫻井心那さんの例を見るまでもなく、優勝若しくは優勝争い上位のポイントは大きい。
まだまだ、活躍が楽しみなルーキー勢です。
そして、次戦は、NEC軽井沢。新人にもチャンスがある大会です。

併せて読みたい、メルセデスランキングの解説記事。

2022 女子ゴルフ メルセデスランキングとポイント制
2022年のシーズンから女子ゴルフの指標が、賞金獲得額からポイント制を基本としたメルセデスランキングに完全移行されます。20-21シーズンは併用の移行期間だったのですが、ポイント制で何が変わるのか、試合毎のポイント配分テーブル、配分方法を解説しています。

コメント