スポンサーリンク

4人のDSPEによるシーズン3ファイナル

スポンサーリンク

毎週月曜日放送の、女子ゴルフペアマッチ選手権。
シーズン3の準決勝と決勝は、ちょうどお正月のタイミング。
ですから、特番編成で、日曜日の一挙放送でした。
そして、ファイナルに進んだのは、

ということで、決勝戦は、識西諭里&今綾奈ペアと松原果音&逢澤菜央 ペア。
この4選手の共通点はDSPEですね。

DSPE?
最初聞いたときには??だった、DSPE。プロテスト合格を目指す女子30名を応援するプロジェクトです。2020年はツアーの中止が相次ぐ中、ゴルフ番組でメンバーやロゴを見る機会が多いです。追記:8月に2名のメンバー入れ替えがあり、2021年4月、新たに4名が加わりました。

ある意味、DSPEメンバーを主軸に編成した番組なので、
この決勝は、予定通りかもしれません。

さて、優勝は、識西諭里&今綾奈ペアでした。
この試合自体というより、少し先を展望しながらプレーを見ました。
それは、もちろん、プロテストですね。
DSPEと言うことは、3月から始まるプロテストを受験します。

2019年のプロテストは、史上最難関のプロテストでした。
当然、合格者のレベルも高くて、笹生優花、西村優菜というレギュラーの優勝者まで出た。
また、実質ルーキーの古江彩佳さんは3勝。
この3人は、全米女子オープンに出場するまでだったのです。

彼女たちは特筆にしても、QT上位からレギュラーツアーを主戦場とした選手、
ステップアップツアーで優勝した選手が多数ということで、求められるレベルです。

その観点から見ると・・・、
今ちゃんは2019年、単年登録でステップに出ていたので、レベル感がわかります。
事実、この大会でも、ステップ主軸組には勝っていきました。
ということは、決勝に残った4選手は、ステップでは、ほぼ戦えるとは思います。

されどですが、プロテスト合格に求められるレベルは、もう1つ上。
一例ですが、2020年ステップ2勝のリハナさんは、特例の単年登録選手。
つまり、同じプロテストを受験ということになります。

リハナが激闘を制す フンドーキンレディース
2020年のフンドーキンレディースは、歴史に残る激闘。 間違いなく、ステップアップツアー史上に残る最高レベルの戦いでした。 事前に書いた、見どころの記事はこちらです。 大会初日 先週、TOTOジャパンクラシックで12位に...

リハナさんは特別にしても、強い高校生の六車さんも受験します。
こういった選手に伍して合格できるかどうか。
2021年になったので、プロテストは、もう2か月後から始まります。

コメント