【まとめ版】2022サントリーレディス

2022年のサントリーレディスは好天に恵まれましたが、難しいピンポジション。例年よりスコアは伸びなかったのですが、大混戦。最終日、4バーディー、ノーボギーでプレーした山下美夢有さんが逆転優勝。藤田さいきさんとの息詰まる優勝争いや、フレッシュな選手の登場もありました。

スポンサードリンク

2022サントリーレディス 優勝は山下美夢有

最終日は風も出て、難しいピンポジとも相まって、全体のスコアは伸びませんでした。
それでも首位スタートの藤田さいきさんは、前半で1つ伸ばし、後半10番ではロングパットを決める。
一時期は後続に最大で3打差をつけたのですが、バックナインで落とし、優勝までは届きませんでした。
しかし、最終ホールの最終パットまで優勝の可能性を残し、魅せてくれました。

最終日を前に優勝争いの見どころでも事前に書きましたが、上が伸びないと、混戦になります。
それだけ、女子ゴルフの層は厚いと言えます。

【2022】サントリーレディス 優勝争いと見どころ
2022シーズンも初夏を迎えてのサントリーレディス。初回大会からアマチュアにスポットを当ててきた大会でもあります。放送予定、出場選手、そして注目のペアリングなど。3日目を終わり、ベテランから新人まで混戦の、大変楽しみな優勝争いを制するのは?

そんな難しい最終日に4つ伸ばし、優勝を手繰り寄せたのが、山下美夢有さんです。

4差を逆転 山下美夢有、待望の複数回&関西V|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

自身でツアー3勝目、今季はメジャーのサロンパスカップに次ぐ2勝目です。
大阪出身の山下さんにとっては、嬉しい、地元関西の有観客開催での初優勝です。
難しさを物語るように、最終日のノーボギーは山下さん、ただ1人です。
昨年大会も2位なので、持ち味の安定したプレーに加えて、コースとの相性も良いと思います。

(天候:晴れ 気温:25.1℃ 風速:4.7m/s)
《グリーン=スティンプ:12 1/4フィート コンパクション:23.5mm》

2022サントリーレディスで頑張った選手

サントリーレディスで頑張った選手をピックアップしていきたいと思います。
上位陣、全体がこちら

最新情報ー宮里藍 サントリーレディスー次戦へひとこと|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

2位 藤田さいき

4日間大会の最終日、最終組は心身ともにしんどかったと思います。

11年ぶりVを逃した藤田さいき「まだ悔しいと思えるんだな」
◇国内女子◇宮里藍サントリーレディスオープンゴルフトーナメント最終日(12日)◇六甲国際GC(兵庫県)◇6527yd(パー72)「完璧だった。打った瞬間ラインに乗ったけど『あー抜けちゃうんだ、これ』と思って気が抜けた」。最終18番(パー4)の3mのパーパットを外して優勝を逃した瞬間、藤田さいきはグリーン上に思わず座り込...

それは、ここまで来て優勝したくない選手はいません。
しかし、最後の1打まで勝利への執念を見せての2位で、全英女子オープン出場権をゲット。
以外にも藤田さんは、これが自身初の海外メジャー挑戦です。
飛距離は全く衰えることを知らないですし、コンディションを整え、挑んでもらいたいと思います。

6位 リハナ

これだけレギュラーツアーの上位争いでプレーが多く地上波に流れたのは初かもしれません。
自身での最高順位、昨年の楽天スーパーレディースの4位に次ぐ好成績です。

2人の賞金女王が初競演 リ・ハナは「すごく緊張した」
◇国内女子◇宮里藍サントリーレディスオープンゴルフトーナメント3日目(11日)◇六甲国際GC(兵庫県)◇6527yd(パー72)昨季の下部ステップアップツアーで3勝をあげて賞金女王に輝いたリ・ハナ(韓国)が、5バーディ、3ボギーの「70」で回り、首位と4打差の通算8アンダー4位につけた。スタートの1番(パー5)でボギー...

3日目は稲見萌寧、小祝さくらといった選手と同組。
最終日も優勝した山下美夢有さんと同組のプレーで、最後まで上位争いで結果を出しました。

ちなみに、リハナさんは、山下美夢有さんと同じ、2001年生まれです。
中国出身、韓国に留学し、国籍を変えましたが、プロデビューは日本からです。
昨年のステップアップツアー賞金ランキング1位という資格で参戦している今季。
今回の上位フィニッシュで大きいのがリランキングの順位。
82.50ptを上乗せして、順位を44位から28位に上げました。
後半戦出場には、大きく前進となりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hana Lee(@allbyhana)がシェアした投稿

7位 セキユウティン

久々にその華麗な姿が中継で多く映りましたね。
美人姉妹と評判の妹、ユウリさんがキャディーをつとめました。
最終日は最後まで粘り切って、72のイーブンパーは、7位フィニッシュです。

それで、セキユウティンさんもリランキング順位を上げました。
この試合で、75.00ptを獲得し、103.52ptは一気に35位まで上げました。
リランキングまで、残り4試合、頑張りどころです。

8位 尾関彩美悠

この試合で、全国的に大きく認知度も上がりましたよね。
女子ゴルフファンには既におなじみ、2021年度プロテストのトップ合格。
岡山作陽高校卒の18歳が、最終日、最終組でプレーしました。

尾関さんが去年の今頃はどうだったのかと言えば、日本女子アマに出場。
最終日に4打差を逆転し、タイトルを獲得しました。

尾関彩美悠 ちょうど1年前は日本女子アマ優勝 | 女子プロゴルフPlus+
サントリーレディスの最終日を最終組で迎える、ルーキーの尾関彩美悠さん。2021年度プロテストにトップ合格の94期生。誕生日は2003年6月16日なので、ま...

昨年のQTや、シーズン序盤は、調子も今一つでしたが、ここへきて好調。
リゾートトラストレディスの5位に続き、この大会もTOP10に入りました。
しかも、18歳のルーキーにして、最終日、最終組を経験できたのは、大きな収穫です。

尾関さんも、リランキング順位を35位から23位に上げたので、ここは後半戦の出場権は、ほぼ大丈夫です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

尾関 彩美悠(@z.amiyu616)がシェアした投稿

ローアマは吉田鈴

初日から凄いペアリングに組み込まれた、吉田鈴さん。
しっかりと力が出し切れるのかと、こちらが心配したのですが、心配無用でしたね。
最終的に-3は24位でローアマ獲得です。

昨年のプロテストは、合格までわずかに1打足りず。
今年最大の目標は、もちろんプロテスト合格だと思います。
吉田鈴さん、目前の試合は、日本女子アマになります。
開催日程は、6/14~2022/06/17、岐阜関カントリー倶楽部 東コースで行われます。
※今年の日本女子アマは観戦不可です。

日本女子アマの出場選手はこちらから参照してください。

コメント