【まとめ版】2022 Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント

春の鹿児島、恒例となった、Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメントが開催。
コロナ禍のため1日あたり、3,000人を上限とした有観客開催です。
この試合は、髙木優奈さんが、臨時登録者として出場します。
どちらかと言えば、技巧派の強い試合という印象ですが、2022年はどうなるでしょう?

ディフェンディングチャンピオンは小祝さくらさんです。

小祝さくら逆転優勝 Tポイント×ENEOS レディス2021
2021年も第3戦は南国鹿児島。鹿児島高牧カントリーで開催のTポイント×ENEOS ゴルフです。例年コンディションが難しく、ショートゲームに長けた選手が勝つという印象のある試合です。最終日悪天候の中、勝ったのは地力を見せた小祝さくらさんでした。

思い起こせば、昨年のこの大会、最終日を首位で迎えたのは、サイペイインさんでしたね。

AD

2022Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント大会概要

大会名称Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント
開催コース:鹿児島高牧カントリークラブ (6,419 Yards/Par 72)
開催期間:3月18日~3月20日
賞金総額:10,000万円
優勝賞金:1,800万円
出場人数:108人(予定)
決勝進出順位:2R終了時 50位タイまで (予定)
主催:株式会社Tポイント・ジャパン、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社、CCC マーケティング株式会社、ENEOS株式会社
公認:一般社団法人日本女子プロゴルフ協会
大会URL:こちらです。
※1日あたり、3,000人での有観客開催

AD

2022Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント放送予定

テレビ放送(※再放送は除いてあります)

地上波はもちろんですが、CSでふんだんに放送があります。

【地上波】
■テレビ朝日系列全国24局ネット
3月20日(日) 13:55〜15:20(LIVE)

【BS 放送】
■BS朝日
3月18日(金) 13:00~15:56(LIVE)
3月19日(土) 13:00〜15:54(LIVE)
3月20日(日) 13:00〜13:55(LIVE) / 15:17〜16:20(LIVE)

【CS放送】
■スカイA
3月19日(土)  8:00〜13:00(LIVE)
3月20日(日)  8:00〜13:00(LIVE)

インターネット中継

■GOLFTV・DAZN
3月18日(金) 10:00~16:00(LIVE)
3月19日(土) 10:30〜16:30(LIVE)
3月20日(日) 10:00〜16:00(LIVE)※表彰式終了まで

2022Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント出場選手とペアリング

初日のペアリングが発表になっています。こちら

個人的な注目組は、

12組 09:50 稲見萌寧、堀琴音、上田 桃子
13組 10:00 勝みなみ、吉田優利、西村優菜

14組 10:10 菊地絵理香、西郷真央、植竹希望
20組 08:10 尾関彩美悠、佐藤心結、下川めぐみ
21組 08:20 内田ことこ、工藤優海、佐久間朱莉

上田桃子さんはシンガポールの試合に出場していたので、今季、国内初登場です。
その他、前週はTOP10に入ったリハナさんも勝負どころです。

主催者推薦からは、前週、解説をしていた一ノ瀬優希さんが登場。
永井花奈さん、今週も上位に食い込みたいところ。
宮田成華さんも推薦出場です。
ルーキー組では、岩井明愛、 千怜の岩井ツインズ、先週に続き、尾関彩美悠さん。
そして、今季初登場では、川﨑春花、平井亜実の両選手ですね。

そして、臨時登録者として推薦をもらった髙木優奈さん、元気に練習ラウンドです。

三ヶ島かなさんは、コロナ明けで体調は良いようですが、参戦は次週から。
その他、原英莉花、田辺ひかり、山下美夢有といった選手が欠場。
QTからの繰上りは、43位のエイミー・コガさんまでが出場と思われます。

2022Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント見どころ

今大会のコースセッティングは山崎千佳代さんです。

春先のこの時期は、芝も薄く、コースも硬いです。
よって、例年、バーディー合戦とはなりにくい試合です。

ショットの正確性、そして、安定性に長ける選手が有利だと思います。

2022Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント大会初日

大会初日は降雨予報だったため、前日からスタートは10時に繰り下げの予定。
雨の影響は大きく、第1組のスタートは12時。
そのため、65選手がホールアウトできず、サスペンディッドとなりました。

暫定ですが、首位は94期生ルーキーの天本ハルカさん。

94期生連載・2022年の挑戦 天本ハルカ|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

とは言え、ベテラン勢も良いです。

横峯さくらが好発進 日没で半数以上ホールアウトできず
◇国内女子◇TポイントENEOS ゴルフトーナメント 初日(18日)◇鹿児島高牧CC (鹿児島)◇6419yd(パー72) 悪天候のため競技開始が正午にずれ込んだ第1ラウンドは午後6時21分、日没サスペンデッドとなった。65人がホールアウトできなかった。18ホールを終えた選手では、2アンダーでプレーした野澤真央、内田こ...

横峯さくらさんや、上田桃子さんも上位。
そして、ミレニアム世代の吉田優利さん、西村優菜さんも上位です。

2日目以降、新人からベテランまで、目の離せない展開です。

2022Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント大会2日目

大会2日目第1ラウンドの残り

まずは、早朝7:45から、初日の残りホールがプレーされました。
そして、全選手がホールアウト。第1ラウンドの結果は、

上田桃子が首位発進 1打差に吉田優利と西村優菜 第1ラウンド終了
◇国内女子◇Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント 2日目(19日)◇鹿児島高牧CC (鹿児島)◇6419yd(パー72) 悪天候の影響で日没順延となっていた第1ラウンドの残りが終了。今季国内初戦の上田桃子が5アンダーで首位発進を決めた。持ち越していた上がり3ホールを連続バーディで締めた。 吉田優利と西村優菜が1打...

上田桃子さんが、再開後に3つのバーディーを奪取し-5まで伸ばして首位。
それを追うのが、吉田優利、西村優菜という2選手です。
第1ラウンドの結果はこちらです。

大会2日目、第2ラウンド

いやはや、朝の穏やかな天気はどこへ?
午後になると、強風、そして時おりの雨もあり、大変、難しいコンディションとなりました。
プレーへの影響はもちろんですが、何しろ、体感温度も下がりました。

第2ラウンド終了時の上位陣。全体がこちら

安定感をもたらした改造 堀琴音が首位|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

首位が-7ですが、明日の天候次第かもしれません。
グリーンの状態は非常に良いです。

(天候:曇り 気温::13.3℃ 風速:3.9m/s)
《グリーン=スティンプ:11 1/3フィート コンパクション:22.5mm》
※瞬間最大風速は13m以上だったとのことです。

上位陣を見ると、年齢層が幅広くて、たとえばベテラン勢。
上田桃子さんや横峯さくらさんなども優勝を狙える位置。

9年ぶりの感謝を込め-横峯さくら好発進|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

一方で、ルーキーでも、佐藤心結さんや内田ことこさんも上位です。

ルーキー佐藤心結はお城巡りでリフレッシュ「歴史を感じられる」
◇国内女子◇Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント 2日目(19日)◇鹿児島高牧CC (鹿児島)◇6419yd(パー72) 「昔の人はなんでこういうのを建てられるんだろうと。いつも感心して見ている。石の積み方とかかすごいなと思っている」 ルーキー佐藤心結は前週「明治安田生命レディス ヨコハマタイヤ」予選落ち後に開催...

同組で中継にも多く映った、この2人だって、まだまだ可能性があります。

最終日は、インターネット中継では全てライブ配信。
この大会は、CSからだと朝からふんだんに楽しめますね。

予選カットラインは+2、46位タイまで、ちょうど50選手が最終日に臨みます。

2022Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント大会最終日

天候が心配された最終日は、絶好のゴルフ日和。
調子の良い各選手が伸ばしてきて、混戦の中盤戦となりました。

最終的な上位陣。全体がこちら

堀琴音-逃げ切りVに『幸せいっぱい』|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

個人的には、中盤伸ばしてきた選手に期待していました。

正直、自分でも、それほど期待はしていなかった、このルーキー。

6連続バーディー・内田 痛恨の1打で4位|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

内田ことこさんが、7番から怒涛の6連続バーディーで一時期は単独首位。
短いパー4の15番はレイアップのミスでOBだったのですね。
飛距離の出る内田さんですから、同組の佐藤心結さんと同様、ドライバーでワンオン狙いだったと思いました。
これは、確かに悔いが残るだろうなぁと思いました。

「悔しいです。今回、最終日でアウトコーススタートが初めてでした。それも最終組の近くで、上位争いです。ギャラリーの方がたくさんいらっしゃったので、すごく楽しい。きょう、バーディーを4つとる目標はクリアできたけど、うーん…」と、くちびるをかみしめた。

しかし、大器の片りんを見せてくれたと思います。
最終的な4位は、もちろん、この大会のルーキー最上位です。

見守るルーキー勢の方が、興奮が大きかったようで。

こういった相乗効果が、ルーキーたちの勇気になると思います。

それから、2日目に5連続ボギーから復活の西村優菜さん。
終わって見れば、優勝争いに食い込む、2位タイです。
なんだかんだ言って、常に安定の上位は素晴らしい。
3試合連続のTOP10入りで、メルセデスランキングは3位です。

ピックアップー葭葉ルミ 西村優菜|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

そして、密かな大記録、連続アンダーパー試合数を更新中の西郷真央さん。
最終日は、EVENからのスタートだったので、オーバーパーを叩くと記録が途切れるところでした。
しかし、最終日はきっちりと伸ばして、-3のフィニッシュで記録を26試合に更新しました。
2位の西村優菜さんの記録が16試合。
これも立派なのですが、西郷さんは、毎試合優勝争いに加わる自分を見ている。
その中なので、この記録は後からついてくるものですが、大記録更新中だと思います。

(天候:晴れ 気温:13.2℃ 風速:4.5m/s)
《グリーン=スティンプ:12フィート コンパクション:23mm》

コメント