女子ゴルフ

海外女子ツアー

【2022】アメリカLPGAツアー日程と日本人選手の結果

2022年、米国女子ゴルフ、LPGAツアーの日程と結果です。2022シーズンは、畑岡奈紗、笹生優花の両選手がフル参戦予定。この2人に加えて、最終予選会を通過した、古江彩佳、渋野日向子の両選手がツアーメンバーに加わります。試合毎に優勝者と日本人選手の結果を更新しています。
0
女子ゴルフ情報

2022 女子ゴルフポイント制の解説

2022年のシーズンから女子ゴルフの指標が、賞金獲得額からポイント制に完全移行されます。20-21シーズンは併用の移行期間だったのですが、ポイント制で何が変わるのか解説します。また、試合毎のポイント配分テーブル、配分方法も記載しています。
0
レギュラーツアー

【2022】女子ゴルフツアーへの期待と見どころ

開幕が迫った、2022年の女子ゴルフツアー。新人からベテランまで揃った群雄割拠の中、期待するところと、見どころをいくつかの観点から書いています。特にこの3年ほどで大きくレベルアップした女子ゴルフからは目を離せません。
0
女子ゴルフ情報

【2022】日米女子ゴルフツアー 賞金比較

アメリカ女子ゴルフの下部ツアーは、長くシメトラツアーとして親しまれてきましたが、2022年からエプソンがスポンサーに付き、エプソンツアーとなり賞金総額も上がりました。日米女子ツアーの試合数と賞金総額について振り返ってみます。
0
女子ゴルフ情報

【2022】女子ゴルフツアースケジュール 日程と解説

2022年の女子ゴルフツアー、日程と内容がJLPGAから発表されました。発表段階ではレギュラーツアーは38試合、賞金総額は過去最高の42.9億円です。インターネット配信が本格的に始動する元年。現在の女子ゴルフを取り巻く状況も整理します。
0
女子ゴルフ情報

【2022】JLPGA競技ルールの変更点

ゴルフのルールはR&Aが主導し決定します。直近では、2019年に大幅なルール変更があり、2022年にも一部ルールの変更がありました。JLPGAでは、2022シーズン開幕前にローカルルールを発表。JLPGAが主催、または主管する競技に当てはまります。
0
プロのゴルフギア

【2020-21 】女子プロゴルファー 優勝者と使用ドライバー

コロナ禍により、異例の統合シーズンとなった、2020-21の女子ゴルフツアー。優勝者の一覧と傾向や特徴、そして、使用ドライバーについて振り返ります。中古で買えるクラブも増えています。使用率が高かったのは、キャロウェイ、ダンロップスリクソン、ブリヂストンなどです。
0
プロテストとQT

女子ゴルフ JLPGA 2021年度ファーストQTの結果

女子ゴルフ2022シーズンの出場権を懸けた、クォリファイングトーナメント、いわゆるQTです。ファーストステージは11月23日から3地区で4日間。ファイナルステージは11月30日から4日間の日程です。
0
女子ゴルフ情報

【2022】女子ゴルフ JLPGAシード選手一覧 2021年11月確定版

2020-21と統合されたシーズンも、2021エリエールレディスを終了し、シード権が確定しました。今回のシード権は、従来の賞金獲得額に加えて、メルセデスランキングの上位50名も対象。両方式の採用により、シード選手は52名となりました。
2
プロテストとQT

【2021】女子ゴルフQTの日程と概要

女子ゴルフツアーに出場するためには、何かしらの出場権が必要です。最も確実なのが、シード権。次に確実なのが主催者推薦ですが、これは大会都度決まります。実質的にシード権以外で、最も重要になるのが、QT、クォリファイングトーナメントの順位です。
0
レギュラーツアー

【2021】女子ゴルフツアー 無観客と有観客試合の予定

女子ゴルフツアー、2021年スケジュールを有観客か無観客かで整理しています。コロナ禍、第5波を受け、住友生命Vitalityレディス 東海クラシックまで無観客試合が続きますが、日本女子オープンは有観客で開催されました。以降も情勢により更新しています。
0