田中瑞希ぶっこ抜き ニチレイレディス

今年は渋野日向子さんのぶっこ抜きが熊本でありましたけど、今回もきましたね~。

GDOから、「79」→「63」16打縮めた田中瑞希“驚き”の大会記録こちら

16打改善も凄いのですが、今日のスコアが63ですからね。ホールバイホールがこちら

文句なしの9バーディー、ノーボギー。これは、大会記録にして、自己ベストです。
インタビューが記事にもあるのですが、本人の感想も、「ありえない」です。
そりゃそうです。初日に79を叩いてしまえば、これは普通に予選落ちだと思う訳です。

彼女の今の立場ですが、賞金ランキング96位(225万円)。QTランキング24位で、フル参戦の今季ですが、正直予選落ちのオンパレードで予選通過は4試合のみです。こちら

ですから、後半戦出場をかけたラストチャンス、アースモンダミンでの賞金獲得増額のために、良いきっかけにしようと思ってスタートした気持ちは間違いないのかもしれません。

しかし、この63の威力はやはり大きくて、100位から14位に浮上です。
この16打改善で予選通過というのは、個人記憶によると歴代2位です。

参考までに、このブログで書いている改善記録は、

1位 勝みなみ 17打改善(82から65)
2014年 ワールドレディスサロンパス 初日から2日目

2位 田中瑞希 16打改善(79から63)
2019年 ニチレイレディス 初日から2日目

3位 渋野日向子 15打改善(81から66)
2019年 KKT杯バンテリンレディス 初日から2日目

ちなみに、田中瑞希さんは、熊本国府高校出身で、大里桃子さんと全くの同級生です。
チームメイトとして高校時代は日本一のメンバーとなりました。
・・・ゴルフネットワークの、the MATCH黄金世代スペシャル見てた方は分かりますよね。

大柄な大里さんに比べると小柄な田中さんですが、可愛い笑顔が似合う選手です。
イメージとしては、ツアーから引退してしまった、中村香織さんと少し似ている感じがします。
上位に顔を出すことがあると、人気も出そうです。

さて、明日最終日ですが、今日の勢いを継続して行けますでしょうか?
ちなみに渋野日向子さんは、最終日も堂々とした戦いぶりでバンテリンをフィニッシュ。
その後、フジサンケイでの活躍を経て、ワールドレディスサロンパスの優勝につなげました。
そうなると、黄金世代シンデレラストーリー第2弾なのですが、ご本人の答えは冷静です。

当然記者からも質問が出ますが、記事から答えを引用します。

そんな風にきっかけになるかも、と問われると田中は「んー、でもまずは来週までにしっかり頑張らないと」と満面の笑みで返した。

そうです。立場上切実なのは第1回のリランキングクリアですからね。

いいねの代わりにクリック(^O^)/
いいねの代わりにクリック(^O^)/
レギュラーツアー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
座和をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロゴルフプラス

コメント