【2021】鈴木愛 クラブセッティング

パッティングの名手として知られる鈴木愛さんのクラブセッティングです。
パターに注目が集まりますが、グリーンオンまでのクラブは?
最新は、2021年の資生堂レディス。シーズン初優勝。2019年以来、涙の優勝でした。

スポンサーリンク

鈴木愛 2019年以来の優勝となった資生堂レディス

2021年、短縮競技のスプリントレースとなった資生堂レディス。
36ホールでのバーディー合戦。
特に、パッティングの精度が、勝負を分けた印象です。

鈴木愛のクラブセッティング 資生堂レディス2021

ドライバー:ピン G425 LST ドライバー(10.5度)
シャフト:ALTA J CB SLATE(硬さS、長さ45.5インチ)
フェアウェイウッド:ピン G425 MAX フェアウェイウッド(3番14.5度/ALTA J CB SLATE、5番17.5度/ALTA CB 65 RED)
ユーティリティ:ピン G425 ハイブリッド (4番22度、5番26度)
アイアン:ピン i210 アイアン (6番~W)
ウェッジ:ピン グライド 2.0 ウェッジ SS(50度、54度、58度)
パター:ピン 2021 アンサー2 パター
ボール:タイトリスト プロ V1x ボール

鈴木さんのパターは、ピンタイプとマレットタイプの併用ですが、今回はピン型でした。

参考記事

クラブ担当者の指摘で微調整 鈴木愛の優勝セッティング
◇国内女子◇資生堂レディスオープン 最終日(4日)◇戸塚CC(神奈川県)◇6570yd(パー72) 悪天候により4日間大会が2日間競技となり、36ホール決戦を鈴木愛が制した。2度目の賞金女王となった2019年以来の優勝に「本当にこの1勝をつかむまでがとにかく長かった」と振り返った。 復調の転機となったのは4月「フジサン...

コメント