自力で100切り

勘違いあるある

勘違いあるある 試打会

クラブ購入にあたっては、ほとんどの方が試打をされると思います。インドアのショップでの試打も出来ますが、できればいつも練習している練習場での試打会で打ちたいものです。試打会でのチェックポイントについて書いています。
0
勘違いあるある

勘違いあるある フィニッシュ

美しいスイングになりたいと思うと、フィニッシュをカッコ良く決めたいと思うものです。では、フィニッシュとは具体的にどのようにとれば良いのでしょう?フィニッシュの考え方と、勘違いしそうなポイントについて書いています。
0
勘違いあるある

勘違いあるある ドライバー選び

ゴルフの腕前もそこそこになったのに、どうも当たりが安定しない。もちろんその時の調子というのもありますが、いつも当たらないということであれば、クラブとの相性を見る必要があるかもしれません。特にドライバーは最も合う、合わないが出やすい、自分にあったクラブを選びましょう。
0
スポンサーリンク
勘違いあるある

勘違いあるある ハンドファースト

初心者からレベルアップして球には、それなりに当たるようになったあなた。やはり強くて真っすぐにいく球をいつも打ちたいと思いますよね。そうなると、ハンドファーストであることが基本になります。ただ、このハンドファーストも勘違いが多いゴルフ用語でもあります。
0
勘違いあるある

勘違いあるある ビハインドザボール

初心者を卒業して、それなりのスイングができてきました。もう少し、カッコ良くなりたい、球筋を安定させたい、飛距離も伸ばしたい、そんな方には、ビハインドザボールを意識することをお勧めします。その考え方、練習方法を解説していきます。
0
勘違いあるある

勘違いあるある 捻転

ゴルフが全くの初心者の頃、左右に大きく動くスイングから、体重移動や軸を覚え、何となく形になってきました。とりあえず、ラウンドにはいけるレベルです。そうなると、飛距離もある程度飛ばしたくなります。そこで、「捻転」という考え方の必要性が出てきます。
0
勘違いあるある

勘違いあるある 腕を伸ばす

カッコ良いスイングを目指そう!そう思っても体が硬いとトップは美しくできない。それはあきらめるとして、せめてインパクトやフォロースルーはカッコ良く決めたい。そんな想いで取り組んだスイング練習の結果は?インパクトでの腕の形に先入観は禁物ですね。
0
勘違いあるある

勘違いあるある トップの位置

ゴルフスイングでよく言われるところのトップの位置。理想の形や作り方をレッスンしたメソッドは数多くあります。でも、理想通りに動かない体質だとしたら?NGとされるひじを曲げる動きとトップでも、十分にスイングはできるのです。
0
勘違いあるある

勘違いあるある 蹴り

最近のゴルフレッスンでも時々使われる、「蹴る」という表現。私も昔は、「右足を蹴れ!」と言われたものです。それがどうしても上手くいかない。試行錯誤の末、たどりついた答えは?最近流行している、地面反力やGGスイングにも関係する蹴りの勘違いを書いています。
0
勘違いあるある

勘違いあるある スイング軸

ゴルフスイングの要と言っても良い、「スイング軸」。しかし、これには諸説、いろいろな表現があり、言葉に振り回されることがあります。自分も最初はしっくりこない軸の意識で、スイングに限界を感じていました。スイング軸のとらえ方は人それぞれ。合うものを見つけましょう。
0
勘違いあるある

勘違いあるある 体重移動

昭和の終わりから平成に変わるころにゴルフを始めた私。当時から今に至るまで、系統的なレッスンは受けたことがありません。典型的な自己流でシングルプレイヤーになりました。そのため、試行錯誤の日々。勘違いしていて、今でもあるだろうことを書きます。第1弾は体重移動です。
0