【川崎春花が快挙】日本女子プロゴルフ選手権 2022

2022年女子プロゴルファー日本一を決める大会は、京都の城陽カントリー倶楽部で開催。実力者はもちろん、2021年度プロテスト合格選手にとっては最終プロテストのコース。また、京都レディースオープンも開催されるコースでもあり、多くのプロが燃える試合です。ディフェンディングチャンピオンは稲見萌寧さんですね。

圧巻!稲見萌寧 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯2021
国内の女子プロゴルファー日本一を決める、「選手権」。日本女子プロゴルフ選手権の放送予定、ペアリング、見どころです。3日目を終えて、西郷真央さんが首位。優勝争いは3人ともスコアを伸ばした最終組の争いとなり、稲見萌寧さんが-19で圧倒的な優勝となりました。

ご覧になりたい項目へは目次からジャンプできます。

スポンサードリンク

2022日本女子プロゴルフ選手権 大会概要

大会名称:日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯
開催コース:城陽カントリー倶楽部 (6,555 Yards/Par 72)
開催期間:9月8日~9月11日
賞金総額:20,000万円
優勝賞金:3,600万円(400ポイント)
出場人数:132人(予定)
決勝進出順位:2R終了時 60位タイまで (予定)
主催:一般社団法人日本女子プロゴルフ協会
特別協賛:コニカミノルタ株式会社
後援:スポーツ庁、京都府、城陽市、朝日放送テレビ株式会社
大会URL:こちらです。

2022日本女子プロゴルフ選手権 放送予定

テレビ放送とインターネット中継の予定です。

2022日本女子プロゴルフ選手権テレビ放送

いつもの通り、放送日時順です。
スカイAを契約している方は、かなりの量を見ることができますね。

9月 8日(木) 11:30~15:30(LIVE) スカイA
9月 9日(金) 11:30~15:30(LIVE) スカイA
9月10日(土) 10:00~15:00(LIVE) スカイA
9月10日(土) 15:00~16:25(LIVE) テレビ朝日系列24局全国ネット
9月11日(日)  9:00~14:00(LIVE) スカイA
9月11日(日) 13:55~15:55(LIVE) テレビ朝日系列24局全国ネット

2022日本女子プロゴルフ選手権インターネット中継

公式のGOLFTV・DAZNでどうぞ。

9月 8日(木) 11:30~17:00(LIVE)
9月 9日(金) 11:30~17:00(LIVE)
9月10日(土) 11:00~16:30(LIVE)
9月11日(日) 10:00~16:00(LIVE)※表彰式終了まで

2022日本女子プロゴルフ選手権 出場選手とペアリング

まずは、7月12日に出場権を持たない選手に予選会が行われました。
関東会場がザ・ロイヤルゴルフクラブで通過者は以下の通りです。全結果はこちら

照山亜寿美、小宮満莉花、堀奈津佳、新海美優、大林奈央(※欠場)、佐伯朱音、篠崎愛、山村彩恵

関西会場が美奈木ゴルフ倶楽部で通過者は以下の通りです。全結果はこちら

奥山友梨、服部真夕、一ノ瀬優希、種子田香夏、川﨑春花、フェービー・ヤオ、柏井麻衣、土田沙弥香

4日間大会、初日のペアリングがこちら、2日目がこちらです。
出場枠ですが、リランキングで60位台後半くらいまで降りてきています。

早朝の部は6:40スタート、お昼の部は11:00スタートの4パターンです。
本命っぽいペアリングを挙げるとすると、

15組 07:10 吉田優利、岩井千怜、青木瀬令奈
16組 07:20 小祝さくら、勝みなみ、西村優菜
17組 07:30 山下美夢有、上田桃子、稲見萌寧

2022日本女子プロゴルフ選手権の見どころ

まずは、城陽カントリー倶楽部のコンディションでしょう。
距離は無いですが、アップダウンと戦略性が問われるコース。
正確性と距離感、そして、グリーンを読み切った選手が強いと思います。
あまり、飛ばし屋が有利とは言えないコースという印象です。

個人的な注目は、ルーキー勢がどれだけ食い込めるか。
理由は、2021年は11月に2021年度の最終プロテストとステップアップツアーの、京都レディースが行わたからです。
※2021年度最終プロテストトップ合格は尾関彩美悠さん。結果はこちら
※京都レディース優勝はルーキーの佐久間朱莉さんで、結果はこちら

『選手権はルーキーに注目でしょう!』
今年も日本女子プロゴルフ選手権のウィークとなりました。去年は稲見萌寧さんが圧巻の強さで勝ちましたね。 圧巻!稲見萌寧 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノル…

一方で、11月と9月ではコンディションが違います。
そして、セッティングもメジャー仕様になるとは思います。

今回のコースセッティング担当は、 山崎千佳代さんです。

2022日本女子プロゴルフ選手権大会初日

大会初日は何と言っても、ここじゃないでしょうか?菅沼菜々さん。

首位の菅沼菜々『気持ちは最終日』大作戦|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

謙虚と笑顔。首位スタートの菅沼菜々は、「気持ちだけは、最終日のつもりで」と好調の要因を話した。というのも、「最近、最終日だけスコアがいいから」と加えている。

確かにデータでもはっきりと出ています。

1stラウンド平均ストローク 70.3486 5位
2ndラウンド平均ストローク 71.7000 21位
3rdラウンド平均ストローク 69.9349 3位
4thラウンド平均ストローク 70.5714 8位
Finalラウンド平均ストローク 69.2328 1位

この、「気持ちは最終日作戦」を成せるのは、当然、地力がついてきたからです。
先週も最終日はあれよあれよでベストスコア。
危うく?優勝するところまで行ったのですから。
とは言っても、まだ初日です。上位陣、全体がこちら

POSPLAYERSCORE1R2R3R4RTOTAL
1菅沼 菜々-76565
2T山下 美夢有-66666
2T種子田 香夏-66666
4T奥山 友梨-56767
4T石井 理緒-56767
6T金田 久美子-46868
6T林 菜乃子-46868
6T笠 りつ子-46868
6T上田 桃子-46868
6T稲見 萌寧-46868
6T福田 真未-46868
6T藤本 麻子-46868
6T木戸 愛-46868
6T川岸 史果-46868
6Tペ ソンウ-46868
6T申 ジエ-46868
6T阿部 未悠-46868

-4が6位タイですが、ここまででも17人と混戦の初日です。

(天候:曇り 気温:28.6℃ 風速:2.9m/s)
《グリーン=スティンプ:10 3/4フィート コンパクション:24mm》

2022日本女子プロゴルフ選手権大会2日目

大会2日目になり、少し上下で差が出てきたリーディングです。
上位陣、全体がこちら
カットラインは熾烈で、最後の最後でEVEN、60位タイの70選手になりました。

POSPLAYERSCORE1R2R3R4RTOTAL
1T川岸 史果-96867135
1T菅沼 菜々-96570135
1T山下 美夢有-96669135
4ペ ソンウ-86868136
5T大里 桃子-77067137
5T森田 遥-76968137
5T脇元 華-76968137
8T阿部 未悠-66870138
8T川﨑 春花-66969138
8T青木 瀬令奈-66969138
8T小倉 彩愛-66969138
8T種子田 香夏-66672138

注目していた菅沼菜々さんは、2日目を70で乗り切って首位タイをキープ。
そこに伸ばした、川岸さんと、メジャー連勝を狙う山下美夢有さんが追い付いた形です。
TOP10を見てみれば、実力者と共に、ルーキー3人が入っています。
※阿部未悠、川﨑春花、小倉彩愛で、決勝にはルーキー14人が進出。

そして、順位は13位タイになりますが、-5で稲見萌寧、小祝さくらといった実力者も控えます。

4年ぶりの首位 川岸史果がついに復活目前|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

2日間を見た感じ、雨の影響もあってグリーンは止まりやすいです。
スピードも、それほど出てはいないので、混戦模様の上位陣という展開です。
そうなってくると、小さいグリーンをいかに上手くキャッチできるか?
そのために、フェアウェイキープをどれだけできるかがカギになりそうです。
個人的には、森田遥さんがコースとの相性が良さそうで優勝争いに絡む予感がします。

(天候:曇り 気温:26.7℃ 風速:1.4m/s)
《グリーン=スティンプ:10フィート コンパクション:23.5mm》

2022日本女子プロゴルフ選手権大会3日目

大会3日目は、2位以下の選手の順位が大きく動きました。
これぞ、ムービングサタデーです。
※ムービングサタデーとは、4日間競技の3日目を指します。

上位陣、全体がこちら

POSPLAYERSCORE1R2R3R4RTOTAL
1山下 美夢有-12666969204
2森田 遥-10696869206
3三ヶ島 かな-9736767207
4Tささき しょうこ-8736669208
4T浜崎 未来-8706969208
4T川﨑 春花-8696970208
4T菅沼 菜々-8657073208
8T全 美貞-7717167209
8T西郷 真央-7727166209
8T佐藤 心結-7717068209
8T小祝 さくら-7697070209
8T後藤 未有-7697070209
8T藤本 麻子-7687170209
8T青木 瀬令奈-7696971209
8T阿部 未悠-7687071209

「2位以下の順位が動いた」と書きましたが、逆に言えば、山下美夢有さんのプレーが際立って良かったとも言えます。

抜群の安定感 山下美夢有-公式競技連勝へ前進|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

期待した菅沼菜々さんですが、3日目は少し肩に力も入って硬かった。
アイアンショットがピンに絡むことが少なく、パッティングのタッチも珍しく合っていなかったです。

一方で、3日目はスコアを伸ばしたルーキーが目立ちました。
浜崎未来、川﨑春花、佐藤心結、後藤未有、阿部未悠と5選手が10位以内です。

ハイライトは、コースとの相性良しと見た、森田遥さん。
15番はショットインイーグルをい決めて2位浮上です。

それと、三ヶ島かなさんが、2日連続の5バーディー、ノーボギーで、するすると3位浮上です。

浜崎未来さんのチップイン2発は見事でした。

2022日本女子プロゴルフ選手権 優勝争いは

何と言っても山下美夢有さん。スコア以上にプレーの充実ぶりが光ります。
個人的には、優勝確率が60%はあると思います。
森田遥、三ヶ島かな、菅沼菜々の3選手で40%弱。
残りの選手はワンチャンスと思うので、実質4選手を優勝候補としたいと思います。

森田遥さんは、フェアウェイキープが思うようにいかなくてもこの位置です。
しっかりとしたスコアメイクはマネジメントとパッティング。
最終日にショットがかみ合えばという感じがします。

三ヶ島さんはプレーがあまり中継されなかったので、分からない。
2日目、3日目の好調が続けばという候補です。

3日目に落とした菅沼菜々さんを入れたのは、最終日の爆発力に期待。
何しろファイナルラウンドのスコアはツアー1位なので、上手く切り替えられるかどうか。
最終組から2つ前のペアリングとなったので、逆に悪くないと思います。
本当の、「最終日大作戦」決行の日です。

そして、雨の影響で、3日目までは全体にグリーンが柔らかく重かった。

(天候:曇り 気温:29.6℃ 風速:1.7m/s)
《グリーン=スティンプ:10 1/2フィート コンパクション:24mm》

最終日は天気も良さそうで、グリーンが硬く、速くなると予想されます。
そうなると、実力者優位なので、やっぱり、山下さんの優位性は増す気がします。

最終日、優勝争いのペアリング。

10組 10:00 後藤未有、小祝さくら、佐藤心結
11組 10:10 西郷真央、全美貞、菅沼菜々
12組 10:20 川﨑春花、浜崎未来、ささきしょうこ
13組 10:30 三ヶ島かな、森田遥、山下美夢有

2022日本女子プロゴルフ選手権大会最終日

最終日もフロント9は混戦模様。
3日目と同じく、上位選手が伸ばし、差が縮まるも、首位争いは山下美夢有、森田遥の両選手が踏みとどまる展開でした。
予想だにしなかった展開がやってきたのは、バック9。
メジャーの最終日とは思えないスコアをツアールーキーが叩き出しました。

8番はパー4なので、セカンドが入った、ショットインイーグル。
加えて、後半のバック9は6バーディー、ノーボギーの快進撃。
最終日の64はコースレコードでもあり、彼女自身のツアーでのベストスコアです。

川崎春花さん、初優勝おめでとう!

上位陣、全体がこちら

POSPLAYERSCORE1R2R3R4RTOTAL
優勝川﨑 春花-1669697064272
2山下 美夢有-1366696971275
3菅沼 菜々-1265707368276
4T佐藤 心結-1171706868277
4Tささき しょうこ-1173666969277
4T森田 遥-1169686971277
7Tセキ ユウティン-1071726966278
7Tペ ソンウ-1068687468278
7T西郷 真央-1072716669278
10T小倉 彩愛-969697368279
10T菊地 絵理香-971716968279
10Tイ ミニョン-971726769279
10T吉田 優利-970707069279
10T浜崎 未来-970696971279
10T三ヶ島 かな-973676772279

優勝を争うとした、山下美夢有、森田遥、菅沼菜々さんらは届きませんでした。
しかし、これはもう想像を絶するほどの、川崎さんのプレーだったと思います。

川崎春花 選手権初優勝の記録

何せ、この3月まで高校生だった、2021年11月のプロテストに合格したルーキーです。
史上初が並ぶ優勝になります。

64で大逆転 川崎春花-史上初のレコードラッシュ|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

川崎春花さんは、今季の戦いぶりを工夫していました。
QTランキング62位でレギュラーツアー参戦には厳しい順位。
そして、積極的にマンデートーナメントに挑戦するも、ツアーではなかなか成績が残せない。
10試合出場で、予選通過は4試合のみ。
ここまでの最高順位は、リゾートトラスト レディスの29位タイだったのです。

転機となったのが、先日行われたステップアップツアーだと思います。
山陰ご縁むす美レディースで、力を発揮し優勝します。

【川﨑春花が初優勝】山陰ご縁むす美レディース2022
昨年から始まったステップアップツアー、山陰ご縁むす美レディースが2022年も8月24日~8月26日に、鳥取県の大山平原ゴルフクラブで開催となります。新旧多くの選手が戦った中、ルーキー川崎春花さんが見事な最終日のプレーで初優勝を飾りました。

これが、8月24日~8月26日のこと。
つまり、川崎さんは、出場2試合を連続優勝。
それも、下部のステップアップツアーからのレギュラー、しかもメジャーです。
本人も実感が湧くのは、後日かもしれません。

佐藤心結が自己最高位でシード当確

さて、この試合、佐藤心結さんが4位タイと自己最高位です。

94期生奮闘 佐藤心結が4位T|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

メジャーはポイント配分も多いので、123.33ポイントを上乗せ。

累計で544.18ポイントとなったので、これは来季のシード権当確ラインです。

そうなると、狙うは初優勝ということになりますね。

健闘した各選手

この試合は最後は川崎春花さんがぶっちぎりましたが、良いプレーも目立ちました。

最新情報ー日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯ー次戦へひとこと|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

山下美夢有(2位タイ:-13)
「悔しいですけど、次に切り替えて行きたい。きょうは、伸ばすことができなかった。伸ばしあいの展開になることはわかっていました。自分のプレーに納得していない」

勝負は時の運の面もあります。山下さんの強さは、誰もが認めることでしょう。

菅沼菜々(3位:-12)
「優勝、優勝と言われますが、常に上位にいるのが強い選手です。そして、チャンスが来たら、優勝したい。(今日は)トップ10に残れたので、良かった。最低6個はバーディーをとらないと追いつけないと思っていた。なかなかチャンスにつかず、4つで終わってしまったのは残念です」

好調を維持して、次週以降も頑張りたい、最終日のプレーは良かったと思います。

森田遥(4位タイ:-11)
「(次戦へ向けて)パッティングが入れば、スコアを出せる。あきらめずに取り組んでいきたい。(今日は)17番はイタいですが、しかたがありません。ベストは尽くせました」

こちらも、本当に締まった良い内容だったと思います。

セキ ユウティン(7位タイ:-10)
「(次戦は)第1日からビッグスコアを目標にがんばりたい。あしたはゆっくり休みます。初優勝のお祝いもまだしていないので、できたらと思っています。(今日は)首位とは8打差ありましたが、技術に自信がある。優勝できるかもしれないと思って、プレーしました」

優勝の翌週ですから、これも最終日、頑張ったと思います。

吉田優利(10位タイ:-9)
「まずは優勝したいです。(優勝を)待ってくださっている方へ届けたい。4日間通して、ビッグスコアを出せなかったけれど、毎日伸ばすことができた。それはポジティブにとらえたい。(悔しい気持ちも大きかった)もう少し伸ばしたかったですね。でも、うまくグリーンに対応できなかった。その中で、トップ10に入れたことを次週につなげたい」

こちらも、先週の疲れを感じさせない内容。優勝まで、本当にあと一歩だと思います。

浜崎未来(10位タイ:-9)
「今週は4日間、アンダーでプレーすることができました。そこはよかったですが、少しずつ上位にいけるようになり、トップの選手とまわると、課題が見えてくる。そこを良くしていきたい。(具体的には)最終日にスコアを伸ばせないことです。(今日は)得意なアイアンショットがうまくいかず、いい流れがつかめなかった」

今持っている力は出せたと思います。チップインが多くて、小技で見せてくれましたね。

コメント