トップ女子プロゴルファーとプロテスト受験回数

女子プロゴルファーの優勝者とシード選手の一覧。彼女たちのプロテスト受験回数との相関関係はどうなのか?一元化された資料がありそうで無かったので、自分調べでまとめました。その中で、はっきり見えた傾向があります。

前段階として、2019年以降の優勝者をまとめた記事もご参考に。

女子プロゴルファー優勝者の法則
スター選手にスポットが当たるスポーツ界。人気の女子プロゴルフも例外ではありませんが、ツアーで優勝するのは、限られた一部です。大きく節目が変わった2019年以降の優勝選手を見ると、「ある法則」があります。この法則を破る選手が出てくるのに期待を込めた記事です。
スポンサードリンク

2022年度シード選手とプロテスト受験回数

まずは、2020-21シーズンを戦い、2022年はシード選手としてツアーに参戦している選手の一覧を確認します。独自に加えたのが、プロテスト受験回数と、合格時の年齢です。

※今回のシード選手は、メルセデスポイント50位内シードによる選手にて記載しています。
※生まれ年は年度で計算、現在年齢も2002から生年年度を引いた数値です。
※単純化するために、敢えてこの表記としています。
※分かる範囲での独自調査です。間違いなどあればご指摘ください。
順位氏名ポイント優勝
回数
生年
年度
現在
年齢
プロテスト
回数年齢年度
1古江 彩佳3,845.1662000220192019
2稲見 萌寧3,841.6091999231192018
3小祝 さくら3,155.3551998241192017
4西村 優菜2,813.0642000221192019
5西郷 真央2,563.4702001211182019
6笹生 優花2,297.9922001211182019
7勝 みなみ2,186.4221998241192017
8高橋 彩華2,085.6501998242202018
9上田 桃子2,074.6411986361192005
10原 英莉花2,010.6131998242202018
11申 ジエ1,803.8541988340202008
12山下 美夢有1,792.7712001211182019
13大里 桃子1,759.2811998242202018
14ペ ソンウ1,653.3101993290262019
15鈴木 愛1,600.5611994281192013
16渋野 日向子1,579.8021998242202018
17渡邉 彩香1,561.3811993291192012
18イ ミニョン1,552.4201992300252017
19菊地 絵理香1,476.5811988342202008
20三ヶ島 かな1,474.4921997251212018
21全 美貞1,433.5801982401242006
22吉田 優利1,331.3522000221192019
23岡山 絵里1,297.8811996261192015
24藤田 さいき1,195.1201985370212006
25笠 りつ子1,174.3511987351192006
26穴井 詩1,153.0901987351212008
27比嘉 真美子1,135.6501993291192012
28金澤 志奈1,083.0101995271222017
29青木 瀬令奈1,052.7611992301192011
30植竹 希望1,049.7001998241192017
31永峰 咲希1,033.5211995271192014
32酒井 美紀1,032.3301991311192010
33堀 琴音1,024.1111995271192014
34木村 彩子1,017.7701995272202015
35サイ ペイイン1,013.4901991311222013
36濱田 茉優978.8401995272202015
37仲宗根 澄香942.5101992305232015
38森田 遥896.9601996261192015
39ユン チェヨン884.7201987350312018
40テレサ・ルー861.4601987350302017
41野澤 真央832.8601996261192015
42若林 舞衣子826.8611988341192007
43田辺 ひかり675.4601997251192016
44臼井 麗香657.2501998242202018
45菅沼 菜々615.5301999231192018
46柏原 明日架612.9701995271192014
47山路 晶609.0801998243212019
48李 知姫599.0601979431212000
49大山 志保592.4201977451232000
50宮里 美香591.0101989330192008

2022年度シード選手 一覧から見えてくること

上記の一覧から見えてくる特徴がいくつかあります。
これが現実の数字なので、認識しておくことが必要と思います。

シード50選手のプロテスト受験回数

これは、現実として、50選手中、48選手が2回以内に合格しています。
※例外は、仲宗根澄香5回、山路晶3回の2選手のみです。
プロテストを受験せず、JLPGA正会員となった選手もいますが、例えば以下の規定によるものです。

※アマチュア資格参戦での優勝(古江彩佳さんなど)
※単年登録選手での優勝(ペソンウさんなど)

単年登録移行期の狭間問題

尚、2020年から、JLPGAツアーへの出場は、正会員に限られています。
※ごく一部の例外を除く。
また、ツアーへの出場資格となるQTへの出場も同様です。
そのため、単年登録優勝からの正会員への道は今は無いということになります。

単年登録制度は期間限定的な制度でありましたが、現在は撤廃となっています。
その移行期が、2019年度だったのですが、いくつか問題はありました。

涙のプロテスト通過…再受験組の三ヶ島かな、原英莉花
◇女子最終プロテスト 最終日(27日)◇チェリーヒルズゴルフクラブ(兵庫県)◇6307yd(パー71) 最終プロテスト受験者の中で唯一レギュラーツアーのシード権を持つ三ヶ島かなは通算14アンダーの7位に入り、3年ぶり2度目の挑戦で通過した。 合格を確信しスコアカード提出所を出ると、すぐに報道陣に囲まれた。満面の笑みで質...

3年前、同級生たちが目の前でプロになった。不合格の自分は取り残された気がした。「孤独感もあった。プロテスト失敗は、わたしの人生で最も嫌な思い出」と過去2年間は再受験を避けてきた。ただ、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)が来年から予選会(QT)の受験資格をプロテスト合格者などに付与される「正会員」に限ると規則を改めたため、エントリーの締め切り直前に再受験を決めた。

レギュラー優勝者なのにプロテスト受験 規定の狭間で生まれた不運【LPGA最終プロテスト】
岡山県にあるJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部で開催されている「LPGA最終プロテスト」。歴代でも最高クラスと呼ばれる100名が出場…

単年登録制度施行によってできたLPGAツアー優勝者によるプロテスト免除は2011年7月末に一度廃止。そこから6年のときを経て、17年度から再開(18年からは賞金シード選手にも正会員の資格付与)された。

優勝選手のプロテスト受験回数

これは、そもそもシード48選手が受験回数は2回以内です。
ですから、優勝者は、プロテストは2回以内で合格しているということになります。

2022年後半から2023年シーズンへ

この記事を書いているのは、2022年、ゴルフ5レディス終了時です。
プロテスト受験に3回以上かかった選手の優勝は、2019年以降、現時点までありません。
いわゆる、苦労人カテゴリーと言っても良いかもしれませんが、もちろん可能性はある。

こうした選手の優勝も願いたい気持ちはありますが、厳しい現実もある。
ステップアップツアーでは、苦労してプロテスト合格を果たした優勝選手もいます。

【初優勝成る】平井亜実 カストロールレディース2022
このサイトでもJLPGAプロテスト合格以前から注目していた平井亜実さん。きっかけはゴルフサバイバルの出演でしたが、2020年度のプロテストに見事合格。2022年シーズンはステップアップツアーを主戦場に戦ってきましたが、カストロールレディースでは一気に優勝まで駆け上がりました。

今後に期待するとともに、活躍を見守りたいと思います。

コメント