西郷真央 クラブセッティング

昨日、西郷真央さんがミズノとクラブ及びアンバサダー契約をした記事を書きました。

追報ではないですけど、クラブセッティングを書いておきます。
元々、お父さんがミズノユーザーだったこともあって、真央さんもミズノ一筋ですね。
そもそもは、「マークがかっこいい」って、いかにも純粋な理由ですけど。

さて、プロとしてのクラブセッティングはこうなりました。
見事に、「オールミズノ」です。

【発表された西郷真央のクラブセッティング】※2月17日現在

1W:ST200X(ロフト角10.5度)
3W:ST200TS(同15度)※海外モデル
5W:ST200(同18度)※海外モデル
7W:ST200X(同21度)
4U:ミズノプロ(同22度)
5~PW:ミズノプロ719
50、57度:ミズノプロS18

この中で注目すべきは、ドライバーとフェアウェイウッドです。
このST200シリーズは今季から投入された、世界戦略モデルです。

ST200ドライバーには、2つのタイプがあって、ST200とST200X。
西郷さんは、ST200Xの方を選びました。プロとしては少数派かもしれません。
このST200シリーズですが、実は私、ちょっと広く売れるか注目しているのです。

と言うのも、現時点のドライバーで話題の新製品は2つ。
キャロウェイのマーベリックとテーラーメイドのSIMと言って良いかと思います。
それから、女子プロゴルフファンは結構、PINGを買っているゴルファーも多い。
ですから、西郷さんはじめ契約プロの活躍も、販売面で影響出るかもです。

さて、西郷さんのセッティング、フェアウェイウッドもこだわりがあります。
3番と5番は、敢えて海外モデルです。

理由が良いですね~。ミズノの担当者曰く、

こちらには海外モデルを投入する。それぞれ『ST200TS』、『ST200』というモデルで、日本では未発売のもの。ミズノの担当者が「日本で販売されるものだと易し過ぎたみたいで、難しいものを選びました」と話すクラブが西郷の手になじんだようだ。

自分でも、それなりの腕前でゴルフをすると思うのですが、

「易し過ぎる」なんて、言ったことないし、言ってみたいものです。(^▽^;)
それと、ユーティリティーは4U一本で、その上が7番ウッドですね。

最近はユーティリティー2本派が多いと思うので、西郷さんはFWウッドの方が合うのかも。
アイアンは5番からで、ウェッジは、50度、57度の2本です。

ふと思ったのですが、私自身のクラブセッティング構成とちょっと似ている。
メーカーは違えども、私はウッドが1、3、5、7、と4本。
ユーティリティーが5Uを入れたり、そうでないときは4番アイアン。
このユーティリティーを入れないときは、ウェッジを50度、56度、60度と入れてます。

いいねの代わりにクリック(^O^)/
いいねの代わりにクリック(^O^)/
プロのゴルフギア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
座和をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロゴルフプラス

コメント