レベル別アプローチの方法

自分が登録しているYouTubeのチャンネルでは、今、流行?の兆しが。
それは、アプローチについてです。
アプローチについては、初級レベルの方は、ほぼ苦手。
中級から上級になるためにも、ショートゲームの上達は避けて通れません。
ということで、いくつか例を挙げていきます。

スポンサーリンク

レベル別アプローチの方法

アプローチについては、種類や方法にいくつかのやり方があります。
例を挙げていきます。

なみきゴルフでの方法

なみきちゃんが開設した、チャンネル、「なみきゴルフ」でのコンテンツです。
ゲストの井上莉花さんが、レッスンしていますね。
数種類のアプローチについて紹介されています。

【スコア別3段階レッスン】絶対に寄せアプローチ!!!

絶対に寄せるというタイトルですが、内容は難しくないです。
と言うのも、初級から上級レベルの内容なので。

ここで紹介されているのは、3種類のアプローチです。

ピンを狙わず、ウェッジを使いピッチエンドランでとりあえず乗せる

100切りレベルであれば、ボギーオン2パットで十分ですね。

ピッチングウェッジで転がしを多めにする

これは、距離感だけ練習すればミスの度合いが減ります。
パターで打てればそれでもOK。ユーティリティーを使うのもアリです。

上げてランを少なくする

これは、いわゆるロブショットではありません。
ボールを1つ分左にセットして、ハンドレイト気味で打つ。
これは、非常に有効で、自分も多用します。
ロブショットを打つ機会なんて、年に1度あるかないかです。
これを身につけると、武器になります。

しかし、なみきちゃんも初期に比べて上手くなりましたね。

UUUMゴルフでの古閑美保プロのレッスン

としみんがMCでレッスンを受けます。
ここでも、転がせれば転がしを推奨ですね。

このアプローチの打ち方ならミスりません。【#5】【古閑美保】【高橋としみ】

花道からのアプローチって、意外とプレッシャーがかかります。
そんなときには、まず、自信のあるクラブを選択するのが大事。
また、スイングを変えずに、アドレスはフェースの開き具合で調節する。

この教えは、中級者には有効だと思います。
そもそも、としみんは中級者ですしね。
特に失敗をしないためには、ウェッジでパターのように打つ。
つまり、上げようとしなくても、ロフトなりに、自然と球は上がります。

ここで古閑さんが1つ言っていること。
これは自分も実践していて皆さんにもオススメしたいのですが、

パターのグリップで打つ。

つまり、自分は、逆オーバーラッピングで打っています。
そうすれば、手首でこねることは、絶対に無いです。

中井学ゴルフチャンネルの場合

ここでは、アプローチの打ち方としては、ほぼ万能の方法が解説されています。

【レッスン】タイプを知れば必ず寄る!?アプローチ徹底攻略!フットワーク編
【レッスン】タイプを知れば必ず寄る!?アプローチ徹底攻略!ショルダーワーク編
【レッスン】タイプを知れば必ず寄る!?アプローチ徹底攻略!リストワーク編

3つのタイプが紹介されています。

自分が思うに、最も失敗の比率が低いのがショルダーワーク編。
大きな筋肉を使うことで、再現性も高まり、ミスも減ります。

アプローチが苦手な方は、リストワークを使い過ぎてる方が圧倒的に多い。
ですから、このレッスン動画3本は必見だと思います。
また、パートナーの押尾紗樹さん、リアクションの良さも際立っているので見モノです。

私のアプローチ

基本は、ピッチエンドラン。
転がせる場合であれば、パターで転がす。

ウェッジでは、50度を使ったピッチエンドランが基本。
それも、逆オーバーラッピングで地面を擦るように。
ショルダーワークとフットワークの合わせワザで感じを出しています。

コメント