全米女子オープン2021 日本地区予選会と出場権獲得選手

2020年はコロナ禍で行われなかった、全米女子オープン各国の予選会。
2021年は、復活。日本でも予選会が行われることになりました。

スポンサーリンク

予選会事前記事

全米女子オープン2021 予選会が復活
気になる2021年、全米女子オープンの情報です。本戦は、6月3日~6日、カリフォルニア州オリンピッククラブで開催予定。その出場選手についてですが、アメリカでは予選会が復活するとのことです。希望としては、日本での予選会開催に期待したいです。

日本地区予選会の内容

日程:4月26日
会場:横浜カントリークラブ
出場権:上位5名

日本地区予選会の結果

上位5選手が出場権を獲得しました。全体の結果はこちら
5選手は、6月3日から始まる本戦に出場できます。

勝ち抜いたのは、@小暮千広、勝みなみ、三宅百佳、仲西菜摘、川満陽香理の5選手です。

全米女子OP日本最終予選が終了 勝みなみ、アマ小暮千広ら5人が出場権獲得
本日26日、今年の「全米女子オープン」(6月3〜6日、カリフォルニア州・オリンピックC)出場をかけた最終予選が横浜カントリー…

トータル2オーバー・トップタイには、先週のステップ・アップ・ツアーで10年ぶりの勝利を挙げた川満陽香理、21歳の仲西菜摘。トータル4オーバー・3位で三宅百佳が出場権を勝ち取った。

トータル5オーバーで並んだ黄金世代の勝みなみ、アマチュアの小暮千広、築山栗子がプレーオフ(17、18番繰り返し)を行い、その結果、勝と小暮が出場権を獲得した。敗れた築山は補欠1番手となった。欠場者が出た場合や、出場資格を持つ選手が予定出場人数に達しなかった場合に出場権が下りてくる。

川満さんは、土曜日まで佐賀でステップアップツアーを戦っていました。
その足で移動し、参戦でしたね。

本戦出場権ゲットは見事で、これは、目澤コーチが本戦に帯同でしょうか?

川満陽香理、勝みなみ、アマ小暮千広らに全米女子オープン出場権
海外女子メジャー「全米女子オープン(6月3日~6日/カリフォルニア州・オリンピッククラブ)」の出場権を懸けた36ホールの予選会が26日、横浜カントリークラブで行われ、川満陽香理、仲西菜摘、三宅百佳、勝みなみ、アマチュア小暮千広(明秀学園日立高3年)の5人が本戦出場権を獲得した。 前週の国内下部ステップアップツアー「九州...
6月3日開幕の全米女子オープン 予選会を突破した選手たちのコメント集 | ゴルフネットワーク
 26日に神奈川県の横山カントリークラブで行われた最終予選会を突破し、6月3日開幕の全米女子オープンゴルフ選手権(米カリフォルニア州/オリンピッククラブ)の出場権を手にした川満陽香理、仲西菜摘、三宅百佳、勝みなみ、小暮千広(アマチュア)にインタビューを行った。

世界ランキング上位による出場権獲得

5月17日付の世界ランキングが発表されました。

大里桃子が45ランクアップの125位 山下未夢有、西村優菜が全米女子OP出場権獲得【女子世界ランキング】
5月17日付の女子世界ランキングが発表。国内女子ツアーの「ほけんの窓口レディース」で2018年以来のツアー2勝目を飾った大里桃子…

これにより、日本人選手を上位順に見ますと、以下の通りとなっています。

畑岡奈紗 12位
古江彩佳 25位
渋野日向子 26位
稲見萌寧 31位
笹生優花 40位
鈴木愛 43位
小祝さくら 52位
上田桃子 63位
山下美夢有 64位
西村優菜 67位

世界ランキング75位以内に入りましたので、上記選手は出場権獲得です。
国内ツアーも開催中ですので、実際に出場するかどうかは、各選手の判断になると思います。

コメント