スイング

勘違いあるある

勘違いあるある ヒールアップ

ゴルフを始めた頃、思い返すと自己流の自分は完全に手打ちでしたね。そこで先輩から指摘されたのは、左足をヒールアップしてはいけないということ。しかし、ボディーターンのスイングができていれば、年齢や体の硬さに応じて、適度なヒールアップはアリだと思います。
0
100切り【マネジメント】

ゴルフスイングにおける迷いを取り除く

上達はしているもののスコアで足踏みしていることはありませんか?もしかすると、原因は、迷いを持ったまま、スイングに入ってしまっているからかもしれません。ミスへの恐怖、上手くいかないのではという不安。頭の中の切り替えが必要ですが、その方法がVISION54にあります。
0
100切り【実践編】

月イチゴルファー フェアウェイバンカーからの脱出方法

スコア100切り前後、ラウンドも月に1回というゴルファーはコース特有の状況に苦労することも多いです。フェアウェイバンカーもその1つですね。脱出する打ち方や、判断する基準、目標とするショットをご紹介します。
0
女子プロゴルファー

渋野日向子 笑顔の魅力 2019年を振り返る

今やゴルフを知らない人でもその名前を知ることになった、渋野日向子さん。スーパースターには間違いないのですが、その魅力は実力と同時に人間性、そして勝ちっぷりにあります。歓喜と共に走り抜けた2019年シーズンを振り返り、その魅力に迫ります。
0
成れます!シングル

ゴルフの上達 どこで差がつく?

ゴルフは、独学でもそれなりに出来てしまうことが面白さでもあるのですが、中上級を目指すのであれば、考えること、やることがたくさん出てきます。情報量が多くなった現在、それに埋もれてしまって停滞している方、一度、振り返ってみるのはいかがでしょうか?
0
プロのゴルフギア

【2021】稲見萌寧 クラブセッティングとスイング解説

2020年スタンレーレディスでは3人のプレーオフから優勝を勝ち取った稲見萌寧さん。そのスイングの特徴と最新のクラブセッティングを見ていきます。クラブは契約フリーで臨んでいますが、最新は2021年東京オリンピック銀メダル獲得時のものです。稲見さん愛用、ボディメンテナンス用品の情報も加えました。
0
レギュラーツアー

田中瑞希が単独首位!アース・モンダミンカップ2日目

アース・モンダミンカップの2日目。単独首位に立ったのは田中瑞希さん。まだ名前は全国区ではないかもしれませんが、このブログでは登場回数も多い。小柄ながら飛ぶ。爆発力のあるショットメーカーです。スカイAの番組再放送でも見られますので。要チェックですね。
0
勘違いあるある

勘違いあるある 打ちに行く

それなりのスコアでラウンドできるようになると、出るミスショットの傾向。その1つが、「打ちに行く」ですね。しっかりヒットしたい、強いボールを打ちたいと思うと、スイングでに乱れが生じます。なぜ、打ちに行ってしまうのか、それを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか?
0
勘違いあるある

勘違いあるある スイングリズム

本番のラウンドで最も大切にしたい部分が、スイングリズムです。軌道やその他もろもろは、実は当日の修正は難しい。一方で、とんでもないミスが出るときは、スイングリズムやテンポの乱れが多いです。初心者にありがちな、チョロ、ダフリ、引っ掛け、スライスは、ここを先ず確認したいですね。
0
勘違いあるある

勘違いあるある フィニッシュ

美しいスイングになりたいと思うと、フィニッシュをカッコ良く決めたいと思うものです。では、フィニッシュとは具体的にどのようにとれば良いのでしょう?フィニッシュの考え方と、勘違いしそうなポイントについて書いています。
0
勘違いあるある

勘違いあるある ドライバー選び

ゴルフの腕前もそこそこになったのに、どうも当たりが安定しない。もちろんその時の調子というのもありますが、いつも当たらないということであれば、クラブとの相性を見る必要があるかもしれません。特にドライバーは最も合う、合わないが出やすい、自分にあったクラブを選びましょう。
0