ゴルフスイング

プロのゴルフギア

山下美夢有 クラブセッティングとスイング解説

KKT杯バンテリンレディスの最終日、圧巻のプレーを見せて初優勝を飾った山下美夢有さん。そのクラブセッティングとスイング解説です。クラブセッティングはスリクソン。また、スイングやリズム、テンポといった意味からは、アマチュアにも大いに参考になります。
0
100切り【練習編】

取り入れたい練習 連続素振り

ゴルフスイングに完璧はありませんよね。それでも、良いショットを打つために、「より良いスイング」は意識すると思います。ただ、形にこだわりすぎるのは悪い結果になる可能性が多いです。では、どういった練習が効果的なのでしょう?今回は連続素振りをご紹介します。
0
女子プロゴルファー

渋野日向子 スイング解説【2021更新】

2019年の全英女子オープン優勝で一躍日本を代表する女子プロゴルファーとなった渋野日向子さん。その独特なスイングは注目に値し、2019年から記事を書いています。最新は2021年、大きな改造を行ったスイングについてです。
2
スポンサーリンク
成れます!シングル

飛ばすためにも大切な飛ばさない練習

何回かに渡って、アプローチの記事を書きました。気が付いたのですが、アプローチは飛ばさない技術ですよね。と言うことは、逆に飛ばしのヒントもあるのでは?と考えました。今回は、それについて考えていきます。体重移動、振り幅、スタンス幅、地面反力といった切り口です。
0
勘違いあるある

勘違いあるある ヘッドアップ

初心者のゴルファーに多いミスの1つがヘッドアップ。ヘッドアップというと頭の位置に焦点が当たりがちですが、本当の原因は別のところにあります。正しいインパクトをするために、グリップ、アドレス、スイングを全体としてとらえるのが大切。オススメ練習方法は?
0
勘違いあるある

勘違いあるある ラウンド中の反省

ミスショットが出ると、誰もががっかりしますよね。今度こそはと気合を入れたり、どこが悪かったのかを反省したりします。ただし、スイングの問題については、ラウンド中に反省することは必ずしも良くありません。では、コースに行った本番中、何をし、いつ反省するべきでしょうか?
0
勘違いあるある

勘違いあるある リキむ

ラウンド中に起こるミスショット。いろいろな理由はあると思いますが、多くを占めるのが、「力み」かもしれません。なぜ、力んでしまうのか、どうやったら、改善できるのかを解説しています。ゴルフ初心者から中級者まで、スイングについて、幅広く当てはまると思います。
0
勘違いあるある

勘違いあるある 3本持って走る

昭和の終わりにゴルフを始め、コースデビューした私が、最初に言い聞かされたのは、「クラブを3本持って走れ」でした。同世代の方は似たような経験をお持ちかもしれません。ただし、走ることはスイングには必ずしも良くありません。走らず、それでいながらスマートなプレーを心掛けたいですね。
0
勘違いあるある

勘違いあるある 打ちに行く

それなりのスコアでラウンドできるようになると、出るミスショットの傾向。その1つが、「打ちに行く」ですね。しっかりヒットしたい、強いボールを打ちたいと思うと、スイングでに乱れが生じます。なぜ、打ちに行ってしまうのか、それを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか?
0
勘違いあるある

勘違いあるある スイングリズム

本番のラウンドで最も大切にしたい部分が、スイングリズムです。軌道やその他もろもろは、実は当日の修正は難しい。一方で、とんでもないミスが出るときは、スイングリズムやテンポの乱れが多いです。初心者にありがちな、チョロ、ダフリ、引っ掛け、スライスは、ここを先ず確認したいですね。
0
勘違いあるある

勘違いあるある フィニッシュ

美しいスイングになりたいと思うと、フィニッシュをカッコ良く決めたいと思うものです。では、フィニッシュとは具体的にどのようにとれば良いのでしょう?フィニッシュの考え方と、勘違いしそうなポイントについて書いています。
0